10月初めの玄海原発3号機へのMOX燃料装荷、佐賀から訴え

九州電力の玄海原発3号機へのMOX燃料の装荷が10月初めに迫っています。佐賀の市民グループ「プルサーマルと佐賀県の100年を考える会」からアピールが届きました。以下、引用します。

●全国の皆様へ

玄海原発でプルサーマルがいよいよ10月初旬にも装荷されようとしています。

古川佐賀県知事は県民の命と安心安全を守る立場にいながら、県民の不安な気持ちを議会答弁で「県民の不安は、漠然とした不安です。」と言われました。
次の日、宮崎議員が前日のこの答弁に謝罪するように求めましたが、謝罪するどころか「確かに不安でいる県民がいることは知っている。しかし、『プルサーマルはよく解らないけど不安だ』という県民もたくさんいる。そう意味で漠然とした不安と申し上げた。」と全く呆れた答弁でした。そしてプルサーマルの安全性については、国が安全という事を鵜呑みにしているだけの答弁を繰り返すだけです。

また、先日衆議院選挙で当選直後のNHKのインタビューでの唐津市自民党の保利耕輔代議士は、「玄海原発プルサーマルは、核燃サイクルの実験である。非常に意義あるものである」と言ったのです。なんと酷い話ではないでしょうか。県民や国民の命と安心安全を守るはずの県知事や国会議員の言葉でしょうか。私達は、実験台にはなりたくないと言って来ましたが、実験ですよと言われてしまいました。

佐賀玄海プルサーマル計画とは…誰のためのプルサーマルなのか?国策の影で誰かの私利私欲の為に私達はモルモットにされるなんて余りにも愚かで酷すぎます。
モルモットにされるのは佐賀県民だけではありません。近隣県の人達に日本全体にも及ぶ問題と思っています。

今私達は、「一万人の矢大作戦」を行っています。
そこで、全国の皆さんに佐賀県知事古川康様宛と、九州電力代表取締役会長松尾新吾様と代表取締役社長眞部利應様宛て(連名)の皆さんの想いをファックスしていただきたくお願い致します。
周りの方々にも是非広めてください。どうぞ全国の皆さん、よろしくお願いいたします!

送り先 
(古川康 佐賀県知事)
TEL:0952−25−7007  FAX:0952−25−7288
メール 佐賀県庁HP>意見投稿のご案内>知事への提案>提案をする>フォームに記入>送信 
    県政へのご意見>意見投稿入力>確認>送信

(九州電力)
TEL:092−761−3031  FAX:092−761−6944
メール 九電HP>お問合せ>お問合せフォーム>原子力発電>記入してOK

 (注)必ずあなたの名前と住所をはっきり明記して送ってください。

(お問合せ先)
未来実行委員会 中村 肇 (090−8627−3076)
プルサーマルと佐賀県の100年を考える会 石丸初美 (090−6772−1137)  
[PR]
by kazu1206k | 2009-09-22 17:31 | 脱原発 | Comments(0)

佐藤かずよし


by kazu1206k
プロフィールを見る
画像一覧