3年目のペットボトルツリー

今日20日、ペットボトルでつくったペットボトルツリーの点灯式が午後5時から行われた。鹿島地区の住民はじめ、ボランティアの学生や小学校のブラスバンドの子どもたちなどが、ミニコンサートで点灯式を盛り上げ、カウントダウンによって、高さ、2.5mのツリー40基に明かりが灯された。
e0068696_2122591.jpg
ゴミになりそうなペットボトルを修理して再利用するリユースの取り組みで、今年も40基がつくられ、LEDランプを入れて、鹿島街道沿いに設置。「光と音のファンタジーinかしま」と銘打って、今年で3年目を迎えた。冬の鹿島街道を彩る「エコ」イベントとして定着した感がある。
e0068696_2122473.jpg
ペットボトルツリーは、鹿島区長会や鹿島小学校のPTA、ネーブルシティかしま、いわきコンピュータカレッジや東日本国際大学の学生のみなさんの協力とボランティア活動で制作されている。地域の協力という、固いきずなで結ばれた、心豊かな活動だ。初冬の寒さを吹き飛ばす、ほんとうに心を結び合う活動に感心する。今回は、来年2月14日、鹿島街道をメーンに開催される「いわきサンシャインマラソン」まで、「光と音のファンタジーinかしま」が繰り広げられる。

[PR]
by kazu1206k | 2009-11-20 21:44 | 地域 | Comments(0)

佐藤かずよし


by kazu1206k
プロフィールを見る
画像一覧