新春鹿島地域づくり交歓会

1月27日夜、新春鹿島地域づくり交歓会が開かれた。鹿島地区地域振興協議会、鹿島地区区長会、ネーブルシティかしまの三団体で作る実行委員会の主催。鹿島地区の各種団体や住民が参加して賑やかな新春交歓会となった。

渡辺敬夫市長はじめ、渡辺いわき建設事務所長、斎藤県議、そしてわたくしが市議を代表してあいさつ。市長は、市議時代に「鹿島地区をいわき市のシビック軸として総合計画をたてた」こと、三団体が協力して鹿島地区が、いわき市の地域振興、地域活性化の先導役を果たすことを期待する旨、語った。

鹿島地区では、ネーブルシティかしまが、鹿島区長会や鹿島小学校のPTA、いわきコンピュータカレッジや東日本国際大学の学生と協力してペットボトルツリーを制作、2月14日の「いわきサンシャインマラソン」まで、「光と音のファンタジーinかしま」を繰り広げたり、鹿島町下蔵持の御宝田に、鹿島地区地域振興協議会歴史と文化委員会が呼びかけ、地区の有志が参加して、酉小屋を55年ぶりに復活させるなど、年々地域おこしの活動が進んでいる。

5年目の交歓会も回を重ねる毎に参加者が増え、参加した住民は、今年も「一円融合」のスローガンのもと、楽しく地域づくりを進めようと、和気あいあいの交流を深めていた。


[PR]
by kazu1206k | 2010-01-27 22:58 | 地域 | Comments(0)

佐藤かずよし


by kazu1206k
プロフィールを見る
画像一覧