いわきサンシャインマラソン、ボランティア説明会

第1回いわきサンシャインマラソンのボランティア説明会が、1月31日から2月5日まで、全6回の予定で始まった。わたしも、第1給水所係のボランティアとして、説明を受けた。
いわきサンシャインマラソンは、2月14日に開催される福島県内初の日本陸上競技連盟公認コースによるフルマラソン競技大会。いわき市が中心となった実行委員会が主催する。全5種目の定員5,400人に対して、北は北海道から南は沖縄まで、6,230人の方がエントリーして、東北最大の大会になりそうだ。
e0068696_16301181.jpg
1月31日の説明会では、実施要項や申し込み状況、増田明美選手や尾崎好美選手などゲストランナーの紹介、コースにおける給水所・トイレ・救護所の配置、各交差点の通過予想時間、関係車両配列など全体の説明後、コース沿道係、交通整理・誘導係、給水所係など係毎に別れ、詳細な業務内容の説明を受けて、質疑が行われ、当日の体制づくりを確認した。

大規模な大会。今回の市民ボランティアは、約1,000人。他に市職員、消防団、警備会社社員が合わせて約1,000人、合計約2,000人で6,300人近い選手団、そして沿道の数万の応援者に対応することになる。参加選手が気持ちよく競技ができ、いわきを訪れた人々が楽しく過ごせるように、ボランティア活動を行うわたしたちも、ぞれぞれの役割を理解し、大会が円滑に運営できるよう、協力し合って進めていきたいものだ。市民が、「おもてなしの心」を忘れずに。
コース沿道の鹿島地区では、2月7日と13日に鹿島街道の美化活動を行い、当日は工夫を凝らして、沿道で選手のみなさんをお迎えする。


[PR]
by kazu1206k | 2010-01-31 16:34 | 地域 | Comments(0)

佐藤かずよし


by kazu1206k
プロフィールを見る
画像一覧