「ほるる」いわき市石炭・化石館リニューアル

いわき市石炭・化石館が「ほるる」という愛称とともにリニューアルオープンする。玄関ホールで出迎えてくれるのは、いわき市で発見されたフタバサウルス・スズキイだ。
e0068696_1735873.jpg
より迫力のある展示とバリアフリー化した空間をめざして改修を進めて来たが、4月22日オープンの運びとなり、16日関係者に内覧した。
e0068696_17323210.jpg
1階の化石展示室が音と光りを加えて、ジュラ紀のマメンチサウルスやプリオサウルス、白亜紀のトリケラトプスやティラノサウルス、新生代第4紀のエレモテリウムなどの全身骨格復元が、ダイナミックに変身した。
e0068696_1733525.jpg
子どもたちはじめ、誰でも触って体感できる実物も登場した。
e0068696_17334856.jpg
日本でも珍しい翼竜の実物骨格も並んで、ファンには見逃せないコーナーもできた。
e0068696_17342218.jpg
日本ではここだけの展示となるランフォリンクスも。
e0068696_17354326.jpg
1階の化石展示室と2階の資料展示室をつなぐエレベーターが新たに設置された。2階の学習・標本展示室では、化石と鉱物の宝庫いわき市発見された標本を展示している。学芸員さんやボランティアの皆さんの説明で、化石や地層をわかりやすく学ぶことがでる。琥珀のアクセサリー工作教室もある。
e0068696_17361254.jpg
125年の歴史を誇る常磐炭田の採炭現場を復元した模擬坑道には、わかりやすい案内板も新設された。


[PR]
by kazu1206k | 2010-04-16 18:04 | 地域 | Comments(0)

佐藤かずよし


by kazu1206k
プロフィールを見る
画像一覧