プルサーマル受け入れ抗議行動

福島県のプルサーマル受け入れに抗議し、撤回と「県民の声を聞く会」の開催を求める行動が、8月11日福島県庁で行われた。
これは、2月10日にプルサーマルの実施を認めるな!と内堀副知事に要請し、6月13日に「やめよう!プルサーマル共同集会」を開催してプルサーマル中止を東京電力に申し入れた県内3団体が、福島県に対して、プルサーマル受け入れ抗議行動を行ったもので30数名が参加した。
e0068696_1091949.jpg
県内3団体は、プルサーマルに反対する双葉住民会議、原発の安全性を求める福島県連絡会、脱原発福島ネットワーク。代表して、双葉住民会議の関友幸富岡町議が、福島県の受入抗議・撤回と県民の意見を聴く会の要請文を読み上げ、福島県の佐藤節夫生活環境部長に手渡した。
e0068696_10133492.jpg
東京電力は8月21日にMOX燃料の装荷を強行し、9月23日に発電を開始、国の検査を受けたあと10月末には営業運転を開始すると発表しており、福島県の県民に対する説明責任が果たされていないと、参加者が佐藤節夫生活環境部長に厳しく詰め寄った。


[PR]
by kazu1206k | 2010-08-11 23:05 | 脱原発 | Comments(0)

佐藤かずよし


by kazu1206k
プロフィールを見る
画像一覧