第29回いわきおどり、平七夕まつり

7月31日の勿来大会から始まり常磐大会、小名浜大会をへて、8月8日のいわき駅前大通りで、第29回いわきおどりも大団円を迎えた。午後4時20分の開会式には、姉妹都市の首藤延岡市長、親子都市の村上由利本荘副市長も来賓として駆けつけて頂いた。
e0068696_720096.jpg

いわきおどりは、1981年にいわき市制施行15周年を記念して、それまで各地で踊られていた小名浜天狗おどりや常磐やっぺ踊りなどから、市民が気軽に参加できる踊りとして創作されたもの。
e0068696_7191046.jpg
チーム毎に趣向を凝らしたファッションで出場者は約6,000人。1部から4部に分かれて各チームの個性と熱気に溢れる踊りが午後8時30分過ぎまで続いた。
e0068696_7263033.jpg
8月6日から8日まで、平七夕まつりが平商店街で実施され、一町目から五町目の商店街に、各商店の力作ぞろいの約130本の豪華な笹飾りが据え付けられた。
e0068696_726627.jpg
90年を超える平の七夕まつりは、歩行者天国の道路に屋台がたち並び、じゃんがら念仏踊りも披露され、浴衣姿の市民で賑わった。

[PR]
by kazu1206k | 2010-08-12 22:58 | 地域 | Comments(0)

佐藤かずよし


by kazu1206k
プロフィールを見る
画像一覧