NPO法人ザ・ピープルが創立20年

NPO法人ザ・ピープルの創立20周年記念事業が2月26日行われました。
「特定非営利活動法人ザ・ピープル」の合言葉は、「元気な街には 元気な主張を続け 元気に行動する 市民がいる」。1990年いわき市内で設立され、任意団体として10年間活動した後、NPO法人化を進め、2004年にNPO法人認証を受け活動を続けてきました。
e0068696_19583760.jpg
第1部では、会の活動がDVDで紹介されたあと、尚絅学院大学の玉田真紀教授が「古着リサイクルの意義と広がり」と題して基調講演を行いました。ゴミ問題の解決に向けて、古着のリサイクル活動に1992年から取り組み、古着などの繊維製品のリサイクル率が全国平均10~13%程度という中で、90%以上のリサイクル率を達成しました。活動は、いわきから各地域の方々にも広がり、古着をゴミとして燃やさない社会を目指し、地域での古着のリサイクル活動から海外支援事業もリンクさせて活動を行なっています。
e0068696_201319100.jpg

主な活動は、以下のようなものです。
①古着リサイクル活動 PCC「ピープルコミュニティセンター」の運営(平、小名浜、植田、湯本、ヨークタウン大原、福島店など)
②古着の収益金を利用しての海外支援事業(生活支援・教育支援)
③在宅障がい者の自立支援事業
④講演会などの研修事業
⑤ボランティアの場の提供(青少年の育成等)
e0068696_19593595.jpg
「地域からはじめよう!古着の再資源化」と題するパネルディスカッションも行われ、県内はじめ各地から参加しした市民団体が活動の紹介と抱えている課題などの意見交換を行いました。

20周年という節目を迎えて、大きな広がりと成果をつくり出してきたピープルの皆様の活動に乾杯。いろいろな困難を乗り越えて、よくぞここまできたものです。出発当初、途中経過を思いつつ、思えば遠くまで来たものだ、という感慨を抱きました。皆さんおつかれ様!これからもファイト!!


[PR]
by kazu1206k | 2011-02-27 20:08 | 地域 | Comments(0)

佐藤かずよし


by kazu1206k
プロフィールを見る
画像一覧