各派代表者会議で市に要望

今日28日、いわき市議会創世会の全員協議会が開催されました。協議内容は、震災後の各自の活動状況報告と各派代表者会議に向けて災害対策のとりくみについての2点です。7名の会員のうち、1名は避難所の引っ越しのため、意見を事前に提出して欠席しました。
それぞれが、震災後の被災者への救援・支援活動を続行しており、市民生活の立て直しに向けた、市民の生活相談はもとより、避難所への炊き出し、支援物資の搬送、支援物資センターの支援、地区災害対策本部のサポート、災害対策本部との連絡調整などの活動を展開していることが報告されました。これを踏まえて、災害対策への対応や原発震災の現状に対するいわき市の対応を検証した上で、市側への要望として、以下の4点に集約して各派代表者会議の席上、副市長に要望しました。
・被災者や市民の相談について、いわき市としてベストを尽くすべきであること。
・原発事故について、長期化が予想されるため、短期、中期、長期の対応をとるべきであること。
・市の災害対策本部について、司令塔としてのコントロール機能の確立を図るべきこと。
・災害対策本部と支所にある地区本部について、情報伝達、連絡調整を密にすること。
[PR]
by kazu1206k | 2011-03-28 23:17 | 地域 | Comments(0)

佐藤かずよし


by kazu1206k
プロフィールを見る
画像一覧