復興特別委員会、議員報酬

6月14日、いわき市議会6月定例会の議会運営委員会が開かれ、東日本大震災復興特別委員会の設置や市議会議員の議員報酬の引き下げる条例の制定を議員提案として、定例会初日に提案することを決めました。

東日本大震災復興特別委員会の設置は、市民生活や地域産業の再建に当たり、被災者や地域住民の声を市政に反映させ、いわき市の復興計画が市民の要望と信頼に応えるものとなるよう、諸課題について調査し、市当局に対し積極的に提言を行なうために設置するものです。このため、先に設置していた市議会東日本大震災対策本部は発展的に解消します。
特別委員会は、正副議長と監査委員を除く32名で構成し、課題毎に複数の分科会を設けて、集中的な調査検討を行います。

市議会議員の報酬を引き下げる議員報酬の特例に関する条例の制定は、東日本大震災の被災者の痛みを分かち合い、復旧・復興へ寄与するために議長、副議長、議員それぞれ報酬月額を5%減額するもので、来年3月31日までの特例としたものです。

このほか、議会運営委員会は、一般質問、39件の議案及び人事案等の提出件数、16日から30日までの本会議及び委員会の日程、クールビズの実施と本会議での服装なども合わせて決めました。
[PR]
by kazu1206k | 2011-06-15 17:20 | 議会 | Comments(0)

佐藤かずよし


by kazu1206k
プロフィールを見る
画像一覧