10日から原発震災・議会報告会

地震、津波、原発震災から4ヶ月。
災害復旧、市民生活の再建、放射線被ばくの低減、原発事故の被害補償・損害賠償、地域経済の復興など、いわき市は多くの課題を抱えております。

いま、いわきの変容が進行しています。かつての立地4町の原発基地の役割を、事故対策の拠点として、ヒトとモノの両面でいわきが担いはじめています。原発城下4町が東京電力との運命共同体として、プルサーマル・原発増設を進めた結果、悲惨な結果を招き、住民はふるさとを追われました。いわきはこの轍を踏む訳にはいきません。

現在、市議会では東日本大震災復興特別委員会の3つの分科会を開催しています。わたくしの第3分科会は、「防災まちづくり及び原子力災害対策」がテーマで、防災まちづくりの課題や福島第一原発事故と放射性物質への対応への課題を整理してきました。

6月16日から30日まで開催されました市議会6月定例会のご報告「かずよしレポートNo.29」を7月5日に発行しましたが、6月定例会の報告会を下記の通り開催いたします。あわせて東日本大震災復興特別委員会の協議状況もご報告いたしますので、御都合のよい会場にお運び頂き、ご質問、ご意見、ご要望等おきかせいただければ幸いです。

●鹿島地区 7月10日(日)午後1時30分 鹿島公民館

●小名浜地区 7月12日(火)午後7時 小名浜まちづくりステーション

●中央台地区 7月13日(水)午後7時 中央台公民館
e0068696_6534017.jpg

[PR]
by kazu1206k | 2011-07-08 07:12 | 議会 | Comments(0)

佐藤かずよし


by kazu1206k
プロフィールを見る
画像一覧