福島市渡利の放射能汚染調査結果

国際環境NGO FoE Japanから、福島市の状況について、20日に下記のような記者会見、緊急報告会のご案内が届きました。
------------------------------------------------------------
記者会見 in 東京 & 【緊急報告会】 in 福島
福島市渡利における放射能汚染調査結果(速報)と避難区域の設定の問題点について
9月20日(火)10:30~11:30@参議院議員会館B109
14:45~16:45@福島テルサ
http://www.foejapan.org/energy/news/evt_110920_2.html
------------------------------------------------------------
福島市渡利では、福島市の調査により3.2μSv/hを超える高い線量がポイントではなく面的な広がりを持って存在することが明らかだったのにもかかわらず、説明会も開催されないまま、何か月も放置されてきました。

8月下旬、渡利の一部の地域において、原子力災害現地対策本部および福島県による詳細調査が実施されました。その結果、地上から高さ50cmの地点で、毎時5.4マイクロシーベルト/時が1箇所計測されたことが報じられています。

このたび、福島老朽原発を考える会(フクロウの会)、国際NGO FoE Japan(エフ・オー・イー・ジャパン)は、山内知也・神戸大学大学院教授に依頼し、福島市渡利における放射能汚染調査を実施しました。

調査の結果、渡利全域において、国および県が詳細調査を行っていない場所においても、特定避難勧奨地点に該当する高い汚染を示す場所が、複数存在することが明らかになりました。たとえば、渡利小学校通学路除染モデル事業測定地点の一部にあたる路地では、50cm高で最高5.2マイクロシーベルト/時を計測しています。

この調査結果に関連し、下記の記者会見(東京)および緊急報告会(福島)を開催しますので、ぜひご参加ください。

【記者会見】
○日時:2011年9月20日(火)10:30~11:30
○場所:参議院議員会館B109
(東京都千代田区永田町1-7-1 最寄駅:永田町または国会議事堂前)
※10:00から参議院議員会館ロビーにて、入館証を配布します。

【緊急報告会】
○日時:2011年9月20日(火)14:45~16:45
○場所:福島テルサ3Fあぶくま(福島市上町4-25)
http://www.f-shinkoukousha.or.jp/terrsa/access.html
○入場無料・申込み不要 

【以下、記者会見・報告会共通】
○報告者(予定):
 山内知也/神戸大学大学院教授
 阪上武/福島老朽原発を考える会代表(フクロウの会)
 満田夏花/国際環境NGO FoE Japan

○内容(予定):
・福島市渡利における放射能汚染調査の結果について(速報)
・避難区域の設定の問題点について

○主催:
 福島老朽原発を考える会
 FoE Japan(エフ・オー・イー・ジャパン)

○連絡先:満田夏花(みつたかんな)/FoE Japan 090-6142-1807

※参考:
【プレスリリース】福島市・大波地区「特定避難勧奨地点に指定せず」に抗議する
http://www.foejapan.org/energy/news/p110909.html
[PR]
by kazu1206k | 2011-09-17 08:34 | 脱原発 | Comments(0)

佐藤かずよし


by kazu1206k
プロフィールを見る
画像一覧