議会報告会でのご意見

市議会9月定例会の報告会を10月4日から8日まで、中央台公民館、小名浜まちづくりステーション、泉公民館、鹿島公民館の4カ所で開催いたしました。

地震、津波、原発震災から7ヶ月が過ぎ、市の復興ビジョンが示されましたが、道路や公共施設もまだまだ復旧が進まぬところも多くあり、津波被災地区をはじめ市民生活の再建を求める多くの市民要望がだされました。震災が人々の心に残した傷跡は、放射能汚染の広がりと深刻さによって、癒し難いものになっています。子どもたち、未来の世代をはじめ今を生きる人々の健康に取り返しのつかないことをしでかしてしまった東京電力と国。産学官マスコミの原子力推進体制がいかに罪深いものであるか。多くの市民が、何よりも安全と安心を求めて、放射線被曝をより低く抑える対策を行政に求めています。

議会報告会でだされた市民のみなさんのご質問やご意見の主なものをご紹介します。

・原発から放射能は出ているのか。
・魚の汚染状態はどうなっているか。水産業の展望をどう考えていくのか。
・東京電力といわき市の間にホットラインができたら、避難指示はどのように出されるのか。
・市民が安心する第一のことは、第二原発廃炉の約束を取り付けることだ。
・空間線量の測定は、市内のメッシュを細かくして、定期的にモニタリングすべきだ。
・線量を測ってから計画的に、優先順位を付けて除染すべきだ。
・市の50万円補助で除染というやり方は戦略性がない。
・放射能汚染ガレキの焼却と埋め立てはやめてほしい。
・乳幼児に3ヶ月間線量計配布するというのはデータとりではないか。
・家庭菜園の野菜を捨てている。食品測定器を配備してほしい。
・学校の冬休みの間に子どもたちを保養に行かせる予算をつくってほしい。
・東京電力の損害賠償対策を行政として力を入れてほしい。
・放射能汚染が広がっているが、いわきで食品加工業はどう生きていったらいいのか。
・ソーラー発電や再生可能エネルギーを増やすために助成制度をつくり、政策誘導が必要だ。
・市道、歩道橋、児童生徒の通学路、学校体育館等の災害復旧と整備を早く進めてほしい。
・共立病院の新病院建設を進めてほしい。
[PR]
by kazu1206k | 2011-10-19 17:53 | 議会 | Comments(0)

佐藤かずよし


by kazu1206k
プロフィールを見る
画像一覧