11.27福島と全国を結ぶ交流会

原発立地自治体を始め全国29都道府県131人の自治体議員の呼びかけで、原発震災で放射能汚染と被曝を強制される人々の生存権を守るために設立された福島原発震災情報連絡センターが、11月27日(日)、以下の「福島と全国を結ぶ交流会」をいわき市で開催します。福島の現実に学び情報や経験の交流をすすめるため、みなさまのご参加を呼びかけています。
参加を希望される方は、下記へご連絡ください。
 E-mail   kazu_obr@f3.dion.ne.jp
e0068696_10362719.gif
センターは、原発震災で放射能汚染と被曝を強制される人々の生存権を守るために以下のような活動を進めています。

●福島原発震災情報連絡センター 2011年度活動計画

1、原発震災で強要される汚染と被曝を強いられる人々の「生存権」(憲法25条)を保障し、特に子どもたちの命と健康を守る活動

(1)より被曝を少なくするため、非汚染食品を送り届ける活動や放射能測定器の購入、放射能測定室の運営など、全国から福島への支援を行ないます。
(2)妊婦や児童・生徒の避難、疎開、保養などの受け入れをすすめ、その制度化の実現をめざします。特に冬期・春期休業時の保養を広げます。
(3)原発震災による被曝者に「被曝者健康手帳」を交付し定期的な健康診断、医療行為の無償化、社会保障を組み込んだ「福島原発被曝者援護法」の制定をめざします。このためのプロジェクトチームを立ち上げ、1月に研究会を開催します。

2、社会や経済、地域のあり方の転換を伴う原発震災からの「復旧・復興」を実現する活動

(1)自治体の新しい姿をめざして、100年を超える期間を射程にした自然災害に強いまちづくり、分散型エネルギー、交付金依存からの脱却、一次産業の育成や新たな地域経済、過度なエネルギー依存のライフスタイルからの転換などをすすめます。
(2)これらを実現・推進するための法的枠組みの研究を行います。

3、福島と全国の情報や経験の交流を行なう活動

(1)福島の情報発信としての「げんぱつ震災語り部」を全国に派遣するとともに、福島の現実に学ぶ福島訪問活動など往還運動を進め、脱原発社会実現のため情報や経験の交流をすすめます。11月17日、福島原発震災「福島と全国を結ぶ自治体議員交流会」を福島県で開催します。
(2)福島原発震災情報連絡センターのメーリングリストを開設するとともに、ニュースペーパーを年2回発行します。今年度は1回とします。
(3)その他、志を共にする市民運動やNPOなどとの連携や情報交換を進めます。
[PR]
by kazu1206k | 2011-11-12 10:51 | 議会 | Comments(0)

佐藤かずよし


by kazu1206k
プロフィールを見る
画像一覧