1月14-15日に脱原発世界会議

脱原発世界会議は、2012年1月14-15日にパシフィコ横浜で開催される、福島・広島・ チェルノブイリなどに学び、脱原発を目指す世界会議。脱原発世界会議は、国内外の脱原発活動をしている団体と市民で作り上げている国際会議です。

●脱原発世界会議について
「脱原発世界会議 2012 YOKOHAMA」http://npfree.jp/about-conference.htmlより、以下転載します。

*未来をつくる、世界とつくる
福島の原発事故による放射能の被害が広がる中、私たちは何を学び、どこへ向かうのか。世界の中で考えましょう。原子力に別れを告げ、自然エネルギーを中心とする新しい社会をつくりだすときです。国境や世代をこえて、集い、学び、一歩踏み出しましょう。

*「脱原発世界会議」がめざすもの
世界へのメッセージ: 福島から学び、世界中の経験を交流させながら、原子力からの脱却を発信します。
行動の提言: 世界の叡智を結集させ、日本や各国がとることのできる行動計画をつくり、提言します。
できること発見: くらしの中で生かせる実践例にあふれ、新しいアイデアやプロジェクトが生まれる場をつくります。

*開催趣旨
2011年3月11日に発生した東日本大震災と東京電力の福島第一原発での事故は、世界に大きな衝撃を与えました。地震、津波、核災害という三重苦の中で日本の人々は、命の重みをかみしめながら、復興へ歩もうとしています。しかし原発はいまだ安定せず、労働者は過酷な業務を余儀なくされています。放射能汚染が広がり、子どもたちを含む多くの人々が被ばくを強いられ、政府の支援がないために避難もできずに、健康被害におびえています。地域経済は破壊されました。
→開催趣旨全文はこちらhttp://npfree.jp/about-conference/objectives.html

*イベント詳細
タイトル 「脱原発世界会議 2012 YOKOHAMA」
日時 2012年1月14日、15日
場所 パシフィコ横浜
アクセス方法は、パシフィコ横浜のホームページよりご確認ください。
http://www.pacifico.co.jp/visitor/accessmap.html
チケット
購入方法
脱原発世界会議オフィシャルWEBショップ「脱原本舗(だつげんほんぽ)」またはローソンにてチケットをお買い求めください。 チケットの購入方法にて、チケットの種類をご覧ください。
内容
多くの会議セッションに加え、映画やライブなど、多くのプログラムを用意しています。 プログラムにて、詳細をご確認下さい。
その他
福島から会場(パシフィコ横浜)までの無料・夜行バス(往復)を運行します!<詳細はこちら>
お子様をお連れの方のために、託児所をご用意しております。是非お子様とご一緒にご参加下さい。

*実行委員会
脱原発世界会議 2012 YOKOHAMAは、実行委員長を吉岡達也(ピースボート共同代表)とする実行委員会が下記6団体により形成され、ピースボート内に事務局が設置されています。
ピースボート
環境エネルギー政策研究所
グリーン・アクション
原子力資料情報室
国際環境NGO FoE Japan
国際環境NGO グリーンピース・ジャパン

●脱原発世界会議実行委員会の草深さんから、ご協力のお願いが届きましたので、以下転載します。
とても情報量が多いのですが、下記ご一読お願いいたします。

脱原発世界会議とは http://npfree.jp/about-conference.html

世界が注目する世界会議のプログラムをご覧下さい。
企画 http://npfree.jp/program/soes-event.html
ブース http://npfree.jp/program/soes.html
全体 http://npfree.jp/program.html

 世界中から脱原発の運動をしている方や専門家をゲストとして呼んでいます。元ドイツ原子力安全委員会委員長や原子力・エネルギー専門家として世界的に有名なマイケル・シュナイダーさんも来日します。
http://npfree.jp/program/guest-lisg.html

 この呼びかけには坂本龍一さんや加藤登紀子さんも賛同してくれています。
http://npfree.jp/message.html

 「原子力」や「核」といった巨大な力に立ち向かう世界の大きなうねりをつくり出すとともに、脱原発へ向けて歩みだす市民ひとりひとりの第一歩を後押しできる会議となることを確信しております。
http://npfree.jp/download/20111228_about_conference.pdf

 しかしながら、この会議の成功は、当日会場にひとりでも多くの市民の参加を招くことができるかが大きな鍵を握っております。ぜひとも脱原発世界会議への参加・賛同の輪を広めていただけますよう、みなさんにご協力をお願いしたいです。

具体的には下記の事にご協力下さい。

【1】チケット購入、また販売促進にご協力ください。
http://npfree.jp/ticket.html
一番お得でほぼ全ての企画に参加できるB券が売れていません。

【2】ツイッターやフェイスブック、メーリングリストで情報を拡散お願いします。メールマガジンもあります。
ツイッター:@DATSUGENPATSUtw
フェイスブック:脱原発世界会議 (Global Conference for a Nuclear Power
Free World)
メールマガジン:http://npfree.jp/mailmagazine.html

【3】チラシ配布やポスターの掲示にご協力下さい。
お送り先をお知らせいただければ郵送で送ります。会合や集会などでの配布をお願いします。

【4】会議当日のボランティアとしてお手伝いお願いします。
http://npfree.jp/volunteer.html

いろいろと協力をしてほしいことはありますが、一番協力して頂きたいのはチケットの販売です。
重要な会議にも参加者が居ないと意味がありません。会議参加の呼びかけにご協力お願いいたします。会議まで残りの時間は12日です。脱原発のためにも、みなさんのご協力が必要です。何卒宜しくお願いいたします。

脱原発世界会議 草深

草深比呂至LEO
脱原発世界会議実行委員会
M:leo.kusafuka@peaceboat.gr.jp
T:0333637561 F:0333637562
website http://npfree.jp/
facebook http://www.facebook.com/npfree.jp
twitter http://twitter.com/datsugenpatsutw
[PR]
by kazu1206k | 2012-01-08 19:55 | 脱原発 | Comments(0)

佐藤かずよし


by kazu1206k
プロフィールを見る
画像一覧