「原発事故被害者支援法」(仮称)の市民提案

国際環境NGO FoE Japanの満田さんから、「原発事故被害者支援法」(仮称)の市民提案に関する集会をのご案内が届きました。以下、掲載します。

「原発事故被害者支援法」(仮称)の市民提案に関する集会を、2月29日に東京(議員会館)で、3月3日に福島(テルサ)で行います。
原発事故被害の支援に向けた動きとしては、与野党も立法化に向けた動きをみせているほか、日弁連が声明を出し、海渡弁護士が具体的な法案の提案をしています。また、佐藤和良さんたち福島原発震災情報連絡センターも動かれています。

下記の集会では、私たちとして、このような動きと連動しつつ、選択的避難区域の設定、災害救助法の適用の明示・適用期間の延長、移住・避難者の生活再建支援、累積被ばく量の管理と健康管理手当の支給などの必要性について、訴えていきたいと考えています。SAFLAN(福島の子どもたちを守る法律家ネットワーク)の弁護士の方々が積極的に動いてくださっています。

ぜひ多くのみなさまにご参加いただけますと幸いです。

--------------【拡散希望!】---------------------------
2/29 院内集会『原発事故被害者支援法(仮称)』市民提案
http://www.foejapan.org/energy/evt/120229.html
◆日時 2012年 2月29日(水) 11:30~13:30
◆会場 衆議院第一議員会館 1F多目的ホール
11:00からロビーにて通行証を配布します。
◆内容
第一部 現状の報告
 ・福島の在留者および避難者の抱える問題整理
 ・避難先からの報告
 ・とどまっている方々からの報告
第二部 恒久対策立法に向けて
 ・チェルノブイリ法のポイント
 ・『原発事故被害者救済法』市民提案のポイント
  選択的避難区域/避難者の生活再建支援/健康管理
◆参加費 500円 
◆主催  福島の子どもたちを守る法律家ネットワーク(SAFLAN)
   子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク
   国際環境NGO FoE Japan
   福島老朽原発を考える会(フクロウの会)
------------------【拡散希望!】------------------------------------
3/3 福島集会  「3・11から1年、原発事故の被害救済への道すじ」
   ~健康保障と「原発事故被害者支援法(仮称)」の市民提案~
http://www.foejapan.org/energy/evt/120303.html
◆日時:2012年3月3日(土) 13:45~16:30
◆会場:福島テルサ・あぶくま 
◆内容(予定):
  ・福島県の健康管理調査の問題点と健康補償のあり方
  ・生活保障と健康保障を求めて…『原発事故被害者救済法』市民提案

◆参加費: 無料    
 *申込み不要。当日、会場にお越しください
◆主催 :国際環境NGO FoE Japan、
   福島老朽原発を考える会
◆協力 福島の子どもたちを守る法律家ネットワーク(SAFLAN)
◆問合せ FoE Japan TEL. 03-6907-7217(平日・日中のみ )
 満田(みつた) 携帯:090-6142-1807
--------------------------------------------------------------
[PR]
by kazu1206k | 2012-02-22 18:13 | 福祉医療 | Comments(0)

佐藤かずよし


by kazu1206k
プロフィールを見る
画像一覧