志田名荻地区の実験田

e0068696_19463299.jpg
福島第一原発30キロ圏内の川前町志田名・荻地区は、今年、農地除染を優先することを決め、昨年に引き続き水稲の作付けを行っていない。
e0068696_19463246.jpg
依然として高い放射線量の中、志田名・荻地区放射能汚染からの復興を考える会は、高濃度の土壌の水田で、水稲へのセシウムの移行を調査するため実験田の田植えを5月27日実施した。
e0068696_19481630.jpg
e0068696_19265814.jpg
志田名・荻地区では、昨年末5戸の住宅周辺の除染を実施している。今年度は、雪解けを待って除染の方針で5月末開始の予定だったが、まだ始まっていない。未だ高い空間線量の値を示している場所も多い。
e0068696_19542667.jpg

[PR]
by kazu1206k | 2012-06-03 20:27 | 地域 | Comments(0)

佐藤かずよし


by kazu1206k
プロフィールを見る
画像一覧