18日の一般質問項目

いわき市議会6月定例会が14日から始まり、18日から21日までは、17人が一般質問を行います。
わたしの一般質問は、6月18日(月)午後1時10分より30分間となります。
下記に、執行部に通告した質問項目の詳細を掲載しますので、ご覧ください。
また、ご多用の所恐縮ですが、傍聴いただければ幸いです。

インターネット中継は、市のホームページからご覧ください。
http://www.discussvision.net/iwakisi/2.html

=================================
一般質問:6月18日(月)午後1時10分より(30分)
=================================

1、地域防災計画の見直しと原子力災害対策の強化について

(1)地域防災計画の見直しについて

ア、いわき市は、事故直後の市の避難対応など東日本大震災に対する災害対応の実態について、どのように検証しているのか。

イ、防災無線のスピーカーが聞こえない津波対策の改善や緊急時の行動基準マニュアルの策定、原子力災害訓練、放射線モニタリングポスト設置による放射線の常時監視など原子力防災対策の改善など、これまで本会議で指摘されたにも拘らず対応しなかった問題は、どのように総括しているのか。

ウ、自主防災組織が機能したかどうかについて、どのように検証しているのか。

エ、今後、地域防災計画改定案の作成日程はどうなるか。


(2)原子力災害対策の強化について

ア、2年計画で進めるとされる福島第一原発4号機の核燃料取り出しについて、原発直下型地震の危険性の指摘も踏まえ、いわき市として、東京電力と国に計画の前倒しを強く求めるべきではないか。

イ、国の原発事故に伴う防災対策重点地域見直しによる、いわき市の緊急時防護措置準備区域の方向性を踏まえ、事業者及び福島県との福島原発に関する原子力安全協定締結による運転再開の同意条項化について、いわき市としてどう取り組んでいくのか。

ウ、避難計画や緊急時体制の構築を含め原子力災害対策計画については、暫定版の策定を早急に行うべきではないか。

エ、東京電力は先月、去年9月に旧緊急時避難準備区域が解除された住民への精神的な賠償について、1か月あたり1人10万から12万円の賠償を継続する方針を示したが、いわき市の原発30キロ圏内は緊急時避難準備区域に指定されず、精神的な賠償が実施されていないことについて、市長は6月4日の記者会見で「精神的な賠償に差が出るとして、実態を調べる」考えを示したが、いわき市の原発30キロ圏内住民の精神的な賠償について、どのように対応するのか。

(3)消防団員OBによる消防支援組織について

ア、神奈川県秦野市や埼玉県入間市などでは震災における大規模災害発生時を想定し、消防団員や消防職員のOBの登録による消防支援隊を組織しているが、いわき市としてはどのように捉えているか。

イ、東日本大震災での自主防災組織の機能不全状況から、消防団員OBによる消防支援隊の自主的な組織化の動きがあるが、消防団員OBの自主的な動きについて、いわき市としても積極的に支援すべきではないか。

ウ、消防団員や消防職員のOBの登録による消防支援隊の組織化について、地域防災計画の見直しの検討課題の一つとして取り上げ、具体化してはどうか。

(4)被曝の最小化対策について

ア、平成24年度プール使用に伴うプール周辺の除染について、ガンマー核種のみでなくアルファやベータ核種もモニタリングの上対応してはどうか。

イ、いわき市除染実施計画では、空間線量が追加被曝線量で5mSv以上の比較的高い地区及び福島第一原発から30キロ圏内を含む地区は24年度で60%の低減を図り、子どもの生活空間となる教育施設は1mSv/年以下にするという優先除染作業が遅れているように見えるが、具体的なそれぞれの工程を示されたい。


(5)「原子力事故による子ども・被災者支援法案」について

ア、東京電力福島第一原発事故の被災者支援法案は、与野党による法案一本化、被災した子どもや妊婦の医療費負担の減免措置を講じることなどで合意、参院東日本大震災復興特別委員会で改めて修正案「原子力事故による子ども・被災者支援法案」を審議、今国会中に成立する見通しともいわれるが、医療費負担の減免が子どもと妊婦に限定されている点、支援対象となる「一定の基準より高い放射線量」地域も政省令に委ねられる点、具体の事業計画策定にあたって被災当時者の参加制度が曖昧である点などの不十分さもあることから、医療費負担の減免は大人も含めて全被災者に適用すること及び支援対象地域は追加被曝線量が年間線量1mSv以上となる地域を全指定すること、並びに事業計画の策定にあたっては被災当時者の意見を反映する制度的保障を担保することなどを、被災地の基礎自治体として国会と国に強く働きかけるべきではないか。

[PR]
by kazu1206k | 2012-06-15 18:28 | 議会 | Comments(0)

佐藤かずよし


by kazu1206k
プロフィールを見る
画像一覧