警戒区域解除の楢葉町へ墓参

旧盆の8月15日。「警戒区域」が解除された楢葉町の父母、兄たちなど祖先の霊に墓参した。8月10日、楢葉町の警戒区域が立ち入り可能な「避難指示解除準備区域」になったため、1年6ヶ月ぶりの墓参りがやっと実現した。
e0068696_203969.jpg

先の一時帰宅で墓の状況を見てきた従兄弟の話では、「墓地の墓石は倒れめちゃくちゃな状態だが、佐藤家の墓は倒れていない」というものだったが、その通り、佐藤家の墓石は倒壊していなかった。
e0068696_2035822.jpg
周辺の放射線量を測って掃除をした。
e0068696_2054284.jpg
木の下は高い。
e0068696_2075716.jpg
先祖供養に来た幼なじみや元町会議員にもお会いした。首都圏に避難したあと、今はいわき市で暮らしているとのこと。大変な1年有余であったと。取り返しのつかない原発事故の被害の様相がある。
e0068696_2013190.jpg
しばらく、実家あとや常磐線竜田駅など町内を見て回った。
e0068696_20153220.jpg
e0068696_20251980.jpg
津波被害で流出した家屋、車両。叔母が津波で流された家。叔母は、原発事故による避難勧告で捜索もできず、2ヶ月後に発見された遺体もDNA鑑定での確認だった。
e0068696_20175669.jpg
天神岬からの光景。山田浜の堤防は決壊し、前原から山田岡への美田は、茫々たる雑草におおわれていた。
e0068696_20161559.jpg
まさに家屋も田園も荒れ果てていく。ウクライナでみた「廃村」につながる光景が広がっていた。ここに「帰町せよ」と誰がいうのか。
[PR]
by kazu1206k | 2012-08-15 20:32 | 地域 | Comments(0)

佐藤かずよし


by kazu1206k
プロフィールを見る
画像一覧