韓国釜山市の議員団が来訪

 11月13日、韓国の釜山広域市の海雲台区議会議員の皆さんがいわき市を訪問しました。
訪問団一行は、朴郁英議員など7名の議員と職員2名の計9名で、前日12日夕方にいわき入りしたものです。
e0068696_1819886.jpg
 人口400万人を超える釜山市郊外には、 古里(コリ)原子力発電所(加圧水型原子炉4基)があり、1号機は1978年運転開始の韓国最初の商業炉で、約30年の設計寿命を延長して運転中です。
 2011年に新古里原子力発電所1号機が隣接地域で商業運転をはじめ、古里・新古里あわせて413万7,000kwの総出力。新古里では2号機から4号機が建設中ですが、新古里原発1号機は今年2月、定期点検中に外部電源が停止、非常用ディーゼル発電機も作動しない全電源喪失事故が発生しました。事故は翌3月まで隠蔽され、事故と隠蔽の発覚を機に周辺自治体から廃炉要求が相次いでいるといいます。
 訪問団は、こうした釜山市と古里原発の現状から、脱原発を目指して、福島原発震災による放射能汚染と被曝の現状を視察にきたものです。
e0068696_1730456.jpg
 いわき市議会に到着した一行は、「いわき市の震災被害と放射線対策」テーマに、いわき市議会創世会と懇談、いわき市原子力災害対策課からレクチャー後、車で津波被災地の久之浜地区を経由して、警戒区域解除後の楢葉町で除染等の実態を視察しました。
e0068696_17225785.jpg
 いわき市薄磯地区では復興協議会の区長から津波被災地での復旧の現状を聞き、「いわき放射能市民測定室」も視察して食品及び全身放射能測定の実情も視察しました。
e0068696_17131096.jpg
 
[PR]
by kazu1206k | 2012-11-19 18:21 | 議会 | Comments(0)

佐藤かずよし


by kazu1206k
プロフィールを見る
画像一覧