放射線対策、不法投棄などあす質疑

東日本大震災、福島原発震災から2年。
多くの犠牲と困難を抱えての2年のあゆみでありました。
いわき市においては、市主催による「3.11いわき追悼の祈りと復興の誓い2013」が、本日3月10日午後2時45分より、いわき芸術文化交流館アリオスで開催されます。

2月28日から開会中のいわき市議会2月定例会は、あす3月11日で一般質問が終了し、午後からは総括質疑が行われます。
わたくしの議案に対する総括質疑は、11日午後1時30分から30分間の予定です。
以下に、質疑項目を掲載します。


●2月定例会 質疑項目       
 
1、議案第37号 平成25年度いわき市一般会計予算について

(1)歳出2款1項7目企画費の企画調整費について
ア、ようこそ「いわき」推進事業費の過去5年間の推移はどうなっているか。
イ、「IWAKIふるさと誘致センター」のふるさと誘致活動の実績はどうか。
ウ、東日本大震災と福島原発事故から2年をへて、「IWAKIふるさと誘致センター」の今後の方向性はどう考えているのか。

(2)歳出2款1項14目諸費の防犯灯整備事業費について
ア、LFD型防犯灯と従前の蛍光管型防犯灯の購入の単価は、どの程度違うのか。
イ、LFD型防犯灯の設置補助については、新規ばかりでなく機器の更新についても拡大してほしいという市民要望にはどう応えるか。
ウ、防犯灯整備事業費の今後の見通しをどう判断しているのか。

(3)歳出4款1項9目保健所費の放射線等対策費について
ア、安定ヨウ素剤配布事業費について、安定ヨウ素剤のこれまでの配布実績はどうか。
イ、安定ヨウ素剤配布事業費について、今後の事業見通しはどうか。
ウ、放射線内部被ばく検査事業費について、積算根拠はどうなっているか。
エ、放射線内部被ばく検査事業費について、前年度との違いは何か。
オ、食品等放射性物質検査事業費について、検査結果のこれまでの傾向など事業実績はどうか。
カ、食品等放射性物質検査事業費について、事業の今後の見通しはどうか。

(4)歳出4款2項2目清掃事業費について
ア、不法投棄等対策事業費について、不法投棄監視員のパトロール等のこれまでの実績はどうか。
イ、不法投棄等対策事業費について、不法投棄監視員を増員してパトロールを強化する考えはあるか。
ウ、不法投棄監視等特別対策事業費について、監視カメラの設置の効果などこれまでの実績はどうか。
エ、不法投棄監視等特別対策事業費について、監視カメラの設置箇所を拡大して不法投棄の防止を強化する考えはあるか。

(5)歳出6款3項2目水産業振興費の水産業指導育成費について
ア、回船誘致対策事業費補助金の過去5年間の推移はどうなっているか。
イ、回船誘致対策事業費補助金について、新冷蔵庫設置に伴う利用促進策など、今後の見通しはどうか。
ウ、魚市場活性化対策事業費補助金の過去5年間の推移はどうなっているか。
エ、魚市場活性化対策事業費補助金について、サンマ棒受網、かつお一本釣などの水揚げ促進に向けた見通しはどうか。

(6)歳出6款3項2目水産業振興費の水産業振興プラン推進事業費について
ア、新たな水産業振興プラン策定の基本的な考え方はどうか。
イ、新・水産業振興プランの策定をどのように進めるのか。

(7)歳出7款1項6目観光費の観光企画費について
ア、みなとオアシス賑わい創出事業費の太平洋諸国舞踊祭開催支援事業について、実施内容など取り組みの内容はどのようなものか。

(8)歳出9款1項6目災害対策費の原子力災害対策費について
ア、空間線量モニタリング事業による市民からのモニタリング要請や線量計の貸し出し数の推移など、事業の実績はどうか。
イ、空間線量モニタリング事業の今後の見通しはどうか。
ウ、自家消費用作物等モニタリング事業は、支所や公民館での検査開始以来どう推移してきたか。
エ、自家消費用作物等モニタリング事業の今後の見通しはどうか。
[PR]
by kazu1206k | 2013-03-10 07:51 | 議会 | Comments(0)

佐藤かずよし


by kazu1206k
プロフィールを見る
画像一覧