彼岸会

大分春めいて気温も上がった彼岸の中日の今日20日。先祖供養のため、両親と兄たちの眠る楢葉町へ墓参りに行ってきました。2年前の大地震で大方の墓石が倒れていた墓地、昨年8月の警戒区域の解除以来、工事も入り少なくない墓石が原状回復しておりました。
e0068696_2004137.jpg
墓を洗い清め、花と牡丹餅を供え、線香を手向けると、兄たちのお地蔵さまには、いつものいい御顔で微笑みかけて頂きました。
e0068696_200642.jpg
実家のお隣のご夫婦が会津若松市の避難先から「避難指示解除準備区域」の墓参に戻ってきており言葉を交わしました。「若い人は戻らないが…」と集落で帰還の意向は1戸だけという「戻るに戻れない」現状をお聴きしました。
叔母が津波で流された従姉妹の家は2年前に津波に襲われたまま。原発事故による避難勧告で捜索もできず2ヶ月後に発見された叔母は、無念のDNA鑑定による遺体確認でした。

彼岸会の故山ふかまるところかな   飯田 蛇笏
[PR]
by kazu1206k | 2013-03-20 20:16 | 地域 | Comments(0)

佐藤かずよし


by kazu1206k
プロフィールを見る
画像一覧