「6.2反原発国会大包囲」

 6月2日、原発ゼロを求め、再稼働に抗議する「6.2反原発国会大包囲」に参加しました。日中に行われた二つの集会はじめこの行動には、主催者発表で約6万人の人が集まり、全国の市民が国会議事堂と官邸の周辺を埋めました。
 わたしも国会前集会のメーンステージで、全国の原発現地のみなさんとともに、福島の現状をスピーチさせていただきました。
 いわき市在住の現代美術家の山本伸樹さんが、福島の現状を伝える写真を張り込んだ十字架を制作して、津波で自宅兼アトリエを流された彫刻家の安藤英作さんとわたしのスピーチの時に、一緒にステージに上がってくれました。わたしたちは「福島の十字架」を背に、被曝後の福島の現状をスピーチすることになりました。
 終らない福島原発事故、放射能汚染の拡大、小児甲状腺がんの多発、厳しい被曝後の世界で生き抜くために、ともに手をつなぎ続けること。福島原発事故の刑事責任を糾す福島原発告訴団、そして原発事故子ども・被災者支援法の基本方針の早期策定に向けた行動へ、全国でともにつながっていくことを訴えました。
 6.2大包囲:IWJまとめ映像http://iwj.co.jp/wj/open/archives/82787
e0068696_8384072.jpg

[PR]
by kazu1206k | 2013-06-05 08:55 | 脱原発 | Comments(0)

佐藤かずよし


by kazu1206k
プロフィールを見る
画像一覧