武藤類子さんに「やより賞」

 武藤類子さんが、「2013年 やより賞」の贈呈者になりました。12月7日に東京・早稲田奉仕園内で贈呈式があります。
 女性人権活動奨励賞「やより賞」は、国際的視野で女性や弱者の側に立ち続けたジャーナリスト、松井やよりさんの遺志と基金による活動で、厳しい状況の中で自らの意志を貫こうとしている女性たちを励ましているものです。
 「松井やよりさんの遺志と基金とによる「女性人権活動奨励賞(やより賞)」の活動は、2005年からスタートしています。松井さんは、国際的な視野を持ち、あくまでも女性や弱者の側に立つジャーナリストとして生涯を貫きました。彼女はこの奨励賞をとおし、厳しい状況の中で自らの意志を貫こうとしている女性たちや、自分の道を求めつつある女性たちを励ましたいと願っていました。一人でも多くの方々が、愛情と期待をこめた彼女の呼びかけに応えてくださるよう希望いたします。」(NPO法人 女たちの戦争と平和人権基金 理事長 池田恵理子)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●や よ り 賞 2013 贈 呈 式

 どなたもご自由にご参加ください
 12月7日(土)午後1時半より 早稲田奉仕園敷地内 AVACO チャペル 
                 東京メトロ東西線 早稲田駅より(徒歩約5分)
                 東京メトロ副都心線 西早稲田駅より(徒歩約8分)
 参加費無料 主催 NPO法人女たちの戦争と平和人権基金

贈呈式:セレモニーとプレゼンテーション:

【やより賞】武藤類子さん/日本

1953年福島生まれ。チェルノブイリ原発事故および姉の白血病発症をきっかけに反原発の活動を開始。養護学校教員を20年務めた後2003年退職し、自宅であり人々の集う拠点ともなる喫茶店「燦(きらら)」をオープン、再生可能エネルギーと自然の恵みに依拠した暮らしのモデルを提供してきた。
だが、そのライフワークは原発事故で破壊された。2011年「さようなら原発5万人集会」でのスピーチが彼女を全国的なリーダーに押し上げる中で彼女は、この重大事故と子どもの人権の保障について、法的な責任を追及する集団行動の重要性を強調してきた。

【やよりジャーナリスト賞 特別枠「期待賞」】 堀切さとみさん

さいたま市内の小学校で給食調理員として働く。学生時代から、社会問題を広く訴えるために作られたドキュメンタリーに関心を寄せてきた。2008年に「市民メディアセンター МediR(メディアール)」の講座を受講し、映像を使った情報発信の技術を学び、以前から関心のあった、原発に反対する祝島の映像を『神の舞う島』(20分)として発表。
2011年3月に起きた福島第一原発事故をうけ、チェルノブイリに匹敵するこの大問題を記録しようと決意。埼玉県に避難した双葉町民を軸としたドキュメンタリー『原発の町を追われて』を2012年7月に発表し、全国およそ50カ所で自主上映。2013年7月に続編を発表しながら、原発避難民の置かれた現状を記録し続けている。

e0068696_7444152.png
e0068696_745448.png


やより賞の概要
21世紀を戦争と性差別のない世紀にするために、社会的弱者とされている人たちとともに、広くアジア地域を中心に草の根で活動を続ける、勇気と責任感のある女性アクティビスト、ジャーナリスト、アーティスト(あるいはその集団)がやより賞の対象です。やより賞は、これからの活躍を期待して、特に若い世代に注目します。 他薦を要件とします。推薦された方々から1名(または1団体)が選ばれ、奨励賞と奨励金50万円が贈られます。 (対象者・グループが東京で行われる贈呈式に出席するための、渡航費および滞在費は、原則としてNPO法人 女たちの戦争と平和人権基金が負担します)
[PR]
by kazu1206k | 2013-12-03 07:58 | 平和 | Comments(0)

佐藤かずよし


by kazu1206k
プロフィールを見る
画像一覧