豊間・薄磯震災復興事業の起工式

強風砂塵が舞う薄磯、旧豊間中学校の隣接地で、12月15日午前9時半より、豊間・薄磯震災復興土地区画整理事業の合同安全祈願祭および起工式が、関係者約150人が出席して執り行われた。
e0068696_22241959.jpg
震災から2年9ヵ月、多くの犠牲者の御霊に黙祷。ここまで豊間区、薄磯区の被災者のみなさまはじめ多くの人々の努力が積み上げられてきた。参加者は、始まった事業の完遂成就をめざして、一層力を合わせていくことを誓い合った。
e0068696_22255353.jpg
豊間・薄磯震災復興土地区画整理事業は、東日本大震災で甚大な被害を受けた沿岸市街地で、安全な市街地の形成と新たな都市機能の回復をはかり、市街地の復興を推進する目的で、平成27年度まで防災緑地や道路、宅地造成等の工事を進める。施行面積と事業費は、豊間区で56.4ha・約148億円、薄磯区で37.2ha・約81億円。いわき市はUR都市機構に業務委託、UR都市機構は安藤ハザマ・五洋・西武・玉野総合・基礎地盤いわき市震災復興事業共同事業体に、工事施工等を一体的業務として行うコンストラクションマネジメント方式で発注している。
e0068696_22261194.jpg
俯瞰イメージパース。
[PR]
by kazu1206k | 2013-12-15 22:28 | 地域 | Comments(0)

佐藤かずよし


by kazu1206k
プロフィールを見る
画像一覧