かずよしレポートNo.39発行

「かずよしレポートNo.39」を1月1日付けで発行しました。
 内容は、昨11月28日〜12月12日までのいわき市議会11月定例会のご報告です。
 11月定例会は、市長提出の140議案、議員提出の「福島県内原子力発電所全基廃炉と汚染水対策等の早期実施を求める意見書」など4意見書案および1決議案を可決しました。
 いわき市議会創世会は、現行5%の消費税率が平成26年4月1日から8%に改定されることに伴い、市の公共施設などの使用料や手数料等が引き上げられることに対して、これら使用料等には消費税がかからないことなどから、市民負担の増加に反対して関連48条例の改正案に反対しました。
 また、創世会から意見書案検討委員会に提出した「特定秘密の保護に関する法律案の速やかな撤回を求める意見書(案)」は、2会派の反対により、本会議に上程されませんでした。
 「かずよしレポートNo.39」では、総括質疑から「側溝土砂の現況と撤去の見通し」「下水道使用料の引き上げ」について報告、東日本大震災復興特別委員会から「市街化区域と市街化調整区域の見直し」についてレポートしました。
 また、一般質問の「災害公営住宅のスムーズな入居へ」「事故収束廃炉庁の設置、移住支援」「水産物の放射性物質検査体制の強化」「TPP交渉と市内の農業者への影響」「米軍等のPCB廃棄物の処理」など主なやりとりを掲載しました。
e0068696_17595754.jpg
e0068696_181335.jpg

[PR]
by kazu1206k | 2014-01-02 18:02 | 議会 | Comments(0)

佐藤かずよし


by kazu1206k
プロフィールを見る
画像一覧