4度目の春彼岸、黒々とした風景

3月21日、彼岸の中日。多くの車両が国道6号線を北上、わたしも避難指示解除準備区域の楢葉町へ、先祖供養のため墓参に。地震で破壊された墓石も大分改修されてきた墓地も、除染済の状態になっていた。
e0068696_19331099.jpg
帰り足で、天神岬公園へ。天神岬温泉の脇には、幾棟もの作業員宿舎が整備されており、除染も進行中だ。
e0068696_1939552.jpg
天神岬公園から木戸地区方面を見下ろすと木戸川の先の水田地帯が黒々とした風景に変わっていた。
e0068696_1942407.jpg
木戸地区の従姉妹の家に立ち寄る。あの日3.11の地震と津波によって破壊された家は倒壊寸前の有様で、重く悲しい気持ちが押し寄せてきた。
e0068696_19354449.jpg
除染がすんで庭が妙に整理されて奇妙な環境になっており、前の水田はすっかり除染廃棄物の仮置き場で、黒いフレコンパックに占領されていた。
e0068696_1944379.jpg
天神岬公園からみた水田地帯の黒々とした風景の正体。悲しくも寂しい、そして空虚さが漂う風景。失ったもののあまりの大きさに打ちひしがれる想い。
e0068696_19461894.jpg
楢葉町による帰還の決定を前にして、作業員の人たちの数も並大抵の状況ではなく、宅地から田畑へと除染範囲拡大が進行し、急ピッチの作業が進行中という状況だ。
[PR]
by kazu1206k | 2014-03-22 19:59 | 地域 | Comments(0)

佐藤かずよし


by kazu1206k
プロフィールを見る
画像一覧