汚染水問題、東電等を呼び特別委員会開催へ

 東京電力は、福島第一原発で放射能汚染水の濃度が過小評価していた問題で、4月11日、原子力規制委員会の汚染水対策作業部会に補正したデータ168件を提出しました。補正したのは、昨年2~9月に採取した地下水や土壌及びトレンチの汚染水データです。
 報道によると、昨年7月9日採取の海側井戸地下水のストロンチウム90などのベータ線放射性物質濃度は、当初1リットル当たり89万ベクレルとされましたが、補正後は1リットル当たり3900万ベクレルと40倍以上になりました。
 また、昨年8月発覚のタンクからの約300トンの汚染水漏れでは、当初、1リットル当たり8千万ベクレルと発表したものが、補正で1リットル当たり2億8000万ベクレルと大幅修正、この約300トンの漏えいは、一部が外洋に流出、国際的な事故評価尺度(INES)で8段階の下から4番目に当たる「レベル3」。今年2月の約100トンの汚染水漏れの1リットル当たり2億4000万ベクレルを上回りました。
 このように、放射能汚染水問題が深刻さを増す中で、いわき市議会は、来る4月23日午前、国と東京電力を呼んで、東日本大震災復興特別委員会を開催し、これまでの廃炉措置の進捗状況や汚染水対策の現状、凍土遮水壁の設置などについて説明を受け、質疑を行うことにしました。
e0068696_23372289.png

[PR]
by kazu1206k | 2014-04-11 23:38 | 議会 | Comments(0)

佐藤かずよし


by kazu1206k
プロフィールを見る
画像一覧