桜吹雪の中「かしまふれ愛さくら祭り」賑わう

絶好の好天に恵まれた4月12・13日、いわき市鹿島町矢田川沿いの「鹿島千本桜」で、第5回「かしまふれ愛さくら祭り」の前夜祭とメーンイベントが、満開のさくら吹雪の中で開かれました。地域内外の交流と親睦のイベントは、5千人を超える参加で賑わい、清水市長も駆けつけてご挨拶しました。
e0068696_10214650.jpg
会場は鹿島ショッピングセンター北側駐車場。前夜祭の12日は、風も鎮まり、「みや誠承太鼓」からフィナーレのよさこい総踊りまで、たっぷり4時間。
e0068696_10265544.jpg
楢葉町の「よさこい楢葉天神龍舞」や「楢葉少林寺拳法」など楢葉のみなさんガバってました。
e0068696_1029452.jpg
13日は10時から平三小のブラスバンドでオープン。
e0068696_103144.jpg
植田小のブラスバンドも。
e0068696_10495770.jpg
e0068696_10333960.jpg
チア・パッション・キッズダンス、みんな元気いっぱいでした。
e0068696_1034725.jpg
e0068696_10345330.jpg
色鮮やかにフラダンス、大勢の出演も壮観でした。オオトリのいわきJAZZオーケストラまで多彩なステージが繰り広げられました。
e0068696_1036835.jpg
e0068696_10363189.jpg
飲食ブースでは追加追加のうれしい悲鳴も。
e0068696_1037945.jpg
e0068696_1037468.jpg
今年は楢葉町と富岡町のみなさんに加え、地区内応急仮設住宅に避難されている大熊町のみなさんも参加。楢葉町のマミーすいとんは長蛇の列。無料で用意された1,000食も瞬く間に飲み込まれました。
e0068696_10423728.jpg
鹿島名物「かしま焼き」のボランティアスタッフのみなさん。
e0068696_10442098.jpg
フリーマーケットも定刻を過ぎて5時近くまで開かれました。
e0068696_10445290.jpg
鹿島地区地域振興協議会とかしまふれ愛さくら祭り実行委員会では、「大震災・原発事故の問題をしっかり受け止め『復興をもう一つのテーマ』に位置づけ、この地区に避難されて方々にも呼びかけ、お互いに力を合わせて、この地区の指針『一円融合』の気持ちを育み、復興へのはずみとなるように」と開催しました。実行委員会のみなさま、イベント終了後の撤去作業、遅くまでお疲れさまでした。
[PR]
by kazu1206k | 2014-04-14 10:57 | 地域 | Comments(0)

佐藤かずよし


by kazu1206k
プロフィールを見る
画像一覧