STOP!汚染水 ゆたかな海を守ろう、海の日アクション

 梅雨明けを思わせる好天となった7月21日、海風が爽やかに吹き抜けるいわき市小名浜三崎公園・野外音楽堂、貝のステージで、【海の日アクション トーク&ライブ】~STOP!汚染水 ゆたかな海を守ろう~が開かれた。
e0068696_7291543.jpg
e0068696_7332722.jpg
 7月21日の海の日に、「大好きな海を守りたい」という思いを抱く市民がイベントを開催したもの。
e0068696_732051.jpg
e0068696_7345720.jpg
フラダンスチームはこどもたちも大人もみなさん素晴らしい演技を披露して拍手喝采。
e0068696_7392229.jpg
e0068696_7393039.jpg
e0068696_7393240.jpg

 佐藤栄佐久前福島県知事や安部義孝アクアマリンふくしま館長、武藤類子さんらのトーク。
e0068696_7404643.jpg
e0068696_7401926.jpg
e0068696_7412177.jpg
 よさこいチームのアトラクション、三ケ田圭三&アベマンセイ、いわき雑魚塾、田中美知子(新月灯花)さんらのライブなど盛りたくさんのイベント。
e0068696_7421332.jpg
「STOP!汚染水 ゆたかな海を守ろう」の思いを共有する「海風宣言」(末尾に掲載)をママが子どもたちと一緒に読み上げ。
e0068696_7444812.jpg
フィナーレは「われは海の子」の大合唱で大団円となった。スタッフのみなさんお疲れさまでした。

●海風宣言

地球上の全ての生命の源である私たちの母なる海が、福島原発事故によって重大な放射能汚染にさらされています。

今、この時も、生命の存続が大きく脅かされ、絶たれてしまう危機的な状況にあります。

それを全力で止めることもなく、人間は更なる汚染を繰り返す方向に向かっています。

そのことを私たちは黙って見過ごすことはできません。

今こそひとりひとりが地球上の命と、そして子どもたちの未来のために立ち上がり、行動を起こす時なのではないでしょうか。

地球上に命が誕生した時から途切れることなく引き継がれてきた自然の営みへの感謝、祖先が守り積み重ねてきた長い歴史、そして、今、そこに生きて暮らす人々の思いを沈めることなく繋いでいくため、私たちは大切な母なる海を守らなければなりません。

そのために、今日、こうして多くの人々がここに集いました。

STOP!汚染水~ゆたかな海を守りましょう~

私たちは、母なる海と生命の尊厳、そして大切な子どもたちの未来のために、これからもこの声を届け続けていきます。

ここに海風宣言を掲げます。

海の日アクション参加者一同

e0068696_745165.jpg

[PR]
by kazu1206k | 2014-07-22 07:53 | 脱原発 | Comments(0)

佐藤かずよし


by kazu1206k
プロフィールを見る
画像一覧