矢田川の堆砂除去を県に要望

12月22日、鹿島町の矢田川の堆砂除去について、鹿島地区地域振興協議会、鹿島区長会、ネーブルシティかしまの代表が、福島県いわき建設事務所の大谷所長に要望活動を実施し、これに同行した。
e0068696_20531916.jpg
 二級河川矢田川は、鹿島地区を東西に貫いて流下、藤原川に合流している。鹿島地区には、矢田川の計画高水位より低い地域があるため、矢田川の堆砂除去を継続して要望してきた。福島県は、平成19年度より藤原川の合流部から上流に向って堆砂除去をしてきたが、東日本大震災の影響で平成23年度以降実施できず、この3年堆砂除去が進んでいなかった。
このため、今年10月の台風18号の大雨の際には、米田、林城、下蔵持地区で冠水などによる通行止めや床下浸水などの被害が発生していた。このような現状を打開し、被害の拡大を未然に防止するため、東日本大震災前のように定期的な堆砂除去の実施を要望したものだ。
e0068696_2054156.jpg

[PR]
by kazu1206k | 2014-12-28 20:56 | 地域 | Comments(0)

佐藤かずよし


by kazu1206k
プロフィールを見る
画像一覧