常総生協も「たらちね」β線ラボプロジェクトに参加

 「もう国に任せてはおけない!」市民によるストロンチウム90の測定へ。
 千葉県東葛地区や茨城県南部などの首都圏のホットスポットに位置する常総生活協同組合(茨城県守谷市:2013年4月現在、従業員数33名、組合員数5659名、出資金3億1467万9千円、供給高10億2846万2千円)がいわき放射能市民測定室「たらちね」のβ線ラボプロジェクトに参加している。
 常総生協は『東京電力福島原発事故は、畏れに至る最大の嘘で固められていることが明白です。どうしようもなく、助けての叫びがあることは誰の目にも明らかです。
 今、常総生協は原発のない社会を願い、まずは足元の東海第2原発差し止め廃炉の訴訟を、もう一つは子どもたちの被ばくを案じて、具体的には甲状腺エコー検査開始を呼びかけています。大人の責任として組合員、地域市民が一体となって、子どもたちの健康を見守る「こども健康調査支援基金」立ち上げました。
 守るべきは何かを見失うことなく、諦めないしぶとさで、残念ながらの原発事故後の社会に立ちましょう。そのためには、皆さんとの協同なくしては一日もならない現状があります。
 新たなる支え合いづくり ご一緒に!
 心発つ生命安心の社会づくりへの活動を、どうぞご一緒に!
 みんなでつくりあげる「子どもたちを守ろう」のご支援、よろしくお願いします。』(常総生協HP)と、村井和美理事長が述べるように、福島第一原発事故後、脱原発へ、暮らし・社会を変えてゆく具体的な行動を起こしてきた。
 今回、『組合員から測定の声が多かったストロンチウム測定 ・ ・ ・ 常総生協単独では困難 福島現地の市民測定の拠点 「たらちね」のβラボプロジェクトに常総生協も参加してゆきます!』として、11月2日、NPO法人いわき放射能市民測定室たらちねの「ベータ線放射能測定ラボ お披露目会」にも参加。その経緯が『COOP JOSO NEWS LETTER 2014 11 -4』に掲載されている。
e0068696_872392.png
e0068696_890100.png

 いわき放射能市民測定室「たらちね」のベータ線放射能測定ラボは、福島第一原発事故による放射性物質の飛散、大量の汚染水の漏洩と海への放出などによる放射性物質の影響が心配される中、問題となっているβ線核種、ストロンチウム90やトリチウムについて、土壌や食品・水、海水や魚介類の測定を行うことで、汚染の実相を追求し、子どもたちを育む環境を守るために整備された。
 これまで、ストロンチウム90やトリチウムなどのβ線核種は、測定方法が難しいことから専門機関の一部でしか測定されておらず、測定料金も1測定20万円を超える高額なため、地域でくらす市民にとっては縁遠いものだった。しかし、長期の低線量被曝に対して、汚染の実相を知り、生き抜くために、β線核種測定ラボを立ち上げようという、たらちねの熱意と専門家と支援者のご支援ご協力が実を結ぶ形で、来年4月からの供用開始が実現する運びとなった。

●資料
たらちねβ線放射能測定プロジェクト

NPO法人 いわき放射能市民測定室 たらちね 
Iwaki Radiation Measuring Center NPO “Tarachine”

★ストロンチウム90
ストロンチウムはカルシウムと化学的性質が非常に似ています。そのため、体内に摂取されると大部分が骨に取り込まれてしまい、放射性核種であるストロンチウム90が骨に蓄積した場合、深刻な内部被曝を引き起こし、骨腫瘍及び白血病の危険性が指摘されています。 ストロンチウム90の核分裂反応による生成割合は、セシウム137と同程度です。

★トリチウム
トリチウムは、水素の放射性同位体であり、水に溶けやすい独特の特性があります。β崩壊による元素移転によって別の原子ヘリウムに置き換わります。水素がヘリウムに置き換わり体内で機能しなくなり、DNA、RNA、蛋白質、酵素が壊滅的なダメージを受ける可能性があります。脳腫瘍、先天性奇形、白血病、小児ガンの増加が心配されています。

~寄付のお願い~
「たらちねβ線放射能測定プロジェクト」はみなさまの御寄付で支えられております。測定の設備を整えるだけでなく、消耗品や水道光熱費、人件費など毎月々の経費は御寄付でまかなわれております。私たちの環境を私たちの手で測り、問題を直視して子どもたちの未来を守る活動につなげるために、多くのみなさまにお力添えをいただきますよう、どうかお願い申し上げます。  

~寄付について~
目標金額…設備費・運営費など含め2500万円を目標としています。
〇NPO法人いわき放射能市民測定室たらちね の活動や詳細についてはホームページをご覧になっていただきますようお願いいたします。
〇また、直接「たらちね」にお問い合わせいただくこともできますので、その際はお電話をいただきますようお願いいたします。(担当:すずき)
ホームページアドレス:http://www.iwakisokuteishitu.com/
Eメールアドレス:tarachine@bz04.plala.or.jp
☎:0246-92-2526
FAX:0246-92-2526

~振込み口座について~
《ゆうちょ銀行からのお振込み》
ゆうちょ銀行 02240-5-126296 いわき放射能市民測定室
《ゆうちょ銀行以外の他銀行からのお振込み》
東邦銀行 湯本支店 店番号 604 普通預金 口座番号 788355
トクヒ)イワキホウシャノウシミンソクテイシツ

★原発事故による放射能の汚染は、今後何十年も続いていきます。大切な子どもたちの未来を少しでも明るくするために、あきらめることなく、道を開いていくことが必要です。「たらちね」は、みなさんとともに力を合わせ、これから先も歩んでいきたいと考えています。
[PR]
by kazu1206k | 2014-12-31 08:12 | 脱原発 | Comments(0)

佐藤かずよし


by kazu1206k
プロフィールを見る
画像一覧