落合恵子さんと

 9月27日午後、いわき市文化センターで落合恵子さんの講演会「いま、いのちから 3.11を改めて心に刻む」が開催され、わたくしも講演後のトークセッションに参加させて頂きました。
e0068696_6563332.jpg
 原発事故から4年7ヶ月、満員の会場には、多くの女性の皆さんが詰めかけ、放射能汚染と原発事故収束作業が続く被災地で、私たちがこれからどう生きていくのか、どう生きれば「未来」に光がみえるのか、落合恵子さんのお話を伺いながら、真剣に考えました。 
e0068696_702349.jpg
e0068696_7441066.png
 作家でクレヨンハウス代表の落合恵子さんは、わたしが副団長を務める福島原発告訴団の活動に早くから支援をして頂いております。社会問題に対し「きちんと怒る」スタンスで、原発再稼動反対や集団的自衛権の行使・戦争立法反対をはじめ、秘密保護法、基地、TPP等にNO!と精力的に活動。
 「いま、しなければいけないことをする」。「てんつく怒髪」を振りかざさず、持ち前の髪をなびかせて闘っています。「いまの落合恵子という女性はいつ落合恵子になったのだろう?」。お話は、これまでの半生のエピソードをまじえて、参加者の心の奥の「生きる」種火に息を吹きかけてくれました。
e0068696_78896.jpg
 トークセッションでは、わたくしがいつ、どこで、どのようにして、佐藤かずよしになってきたのか、落合さんからインタビューして頂く場面もありました。落合さんのすばらしいトークに感激と感謝です。ありがとうございました。
e0068696_771590.jpg
 演壇には、素敵なコスモスや吾亦紅など秋の野の花が飾られていました。落合恵子講演会実行委員会のみなさま、事前準備から当日まで、本当にお疲れさまでした。ありがとうございました。
[PR]
by kazu1206k | 2015-09-27 22:46 | 平和 | Comments(0)

佐藤かずよし


by kazu1206k
プロフィールを見る
画像一覧