江名の町再生へ、1.30シンポジウム

 1月23日午後、江名の町再生プロジェクトの全体会が開かれました。
 「江名の町再生プロジェクト」による昨年の第2回イベント、「海歩き町歩き江名の町再発見」の決算報告の後、1月30日(土)14時、江名公民館で開催する「国づくりシンポジウム 江名の町再生プロジェクト 漁港の町から、新しい賑わいのみなとまちへ」の要綱を確認するとともに、江名の町再生プロジェクトの今後の方向性などを話し合いました。
e0068696_9222063.jpg
 北洋漁業が最盛期の時代、江名は漁業の町として、大いに賑わいましたが、遠洋漁業の衰退によって町の環境も変化。2011年の東日本大震災では、津波による家屋の流出・倒壊、世帯数の減少、飲食店の廃業などで、約1,000世帯の町並みが700世帯に減ったとされます。江名の再生をめざして、地元の有志が2014年「江名の町再生プロジェクト」を立ち上げて、イベント「海歩き町歩き江名の町再発見」を実施してきました。
e0068696_9224171.jpg
 1月30日のシンポジウムでは、清水いわき市長と和田小名浜港湾建設事務所長による基調講演や講演者に再生プロジェクトのメンバーが入って「江名町再生」のパネルディスカッションも行われる。
参加費無料、江名の町再生プロジェクトでは皆さまの参加を呼びかけています。
e0068696_9232793.png

[PR]
by kazu1206k | 2016-01-23 23:24 | 地域 | Comments(0)

佐藤かずよし


by kazu1206k
プロフィールを見る
画像一覧