新年行事、「太平洋クラブ」でごあいさつ

新年のこの季節は、ほんとうに行事の季節です。
新年の挨拶をはじめた元日の歳旦祭を皮切りに、8日の成人式まで、1週間行事が続きました。
特に、6日の泉地区市民新年交換会、7日の市消防団第2支団出初式、8日の小名浜地区成人式では、「太平洋クラブ」の世話人として、市議会議員を代表して祝辞を述べました。
「太平洋クラブ」は、小名浜地区選出の市議会議員5人が超党派で構成する任意団体です。
小名浜支所管内の行政案件や市民要望などについて、お互いに情報交換しながら、市民福祉の向上を目指しています。
昨年9月の市議補選の後、わたくしと鈴木議員が世話人となり、昨年から1年間はわたくしの「当番」になっています。このため、小名浜支所管内の公式行事では、わたくしが祝辞等を行っている訳です。
さて、泉地区は、地域振興協議会のもとに結集して、地域活動を積極的に進めている地区で毎年300名もの住民が参加して新年交歓会を開いています。
わたくしは、生協に勤めていた頃泉店の店長をしていた時代もあり、また区長時代の知人も多く2時間の会はアッという間でした。
7日は、出初式の前に消防車両から、寒風の中集結した団員の検閲式も行いました。日本最大のボランティア組織を自負する消防団は、地域防災の中核です。昨年第2支団は、小名浜コンビナートでの化学工場爆発事故でも、常備消防と協力し迅速果敢な活動を展開しています。
8日の成人式では、以前程ではないにしても相当ざわつく中、700名近い新成人を前に、議員や首長を選ぶ国民こそが「主権者」であること、イラク戦争や幼児殺害などの現状にあって「愛と平和」を大切にすること、自分の可能性に向って「恐れず行動する」ことの3つの言葉を贈りました。
[PR]
by kazu1206k | 2006-01-08 17:01 | 地域 | Comments(0)

佐藤かずよし


by kazu1206k
プロフィールを見る
画像一覧