これ以上命の海を汚すな!告訴団が集会

 7月18日午後、いわき市文化センターで海の日集会「これ以上 命の海を汚さないで」が開催され約120名が参加した。福島原発告訴団の主催。
e0068696_2259445.png
 2013年9月、6000人以上で福島県警に行った汚染水放出事件の告発は、2016年3月に福島地検から不起訴処分が発表されたが、2630人が福島検察審査会に不服申立。わずか2ヶ月あまりで7月7日に福島検察審査会から「全員不起訴相当」の議決が発表された。
e0068696_2303927.png
 集会では、武藤類子団長の挨拶に続いて、海渡雄一弁護士が「汚染水事件・検察審査会 不起訴相当議決」と題して報告、汚染水問題は終わっていないと訴えた。
e0068696_23494559.png
e0068696_2338407.png
 
e0068696_23393866.png
 おしどりマコ・ケンさんは、福島原発事故以降、政府や東電の記者会見に出席し続け、現地取材も積極的に行ってきた二人、貴重な情報を笑いを交えて講演。弁護団も、河合弘之弁護士、保田行雄弁護士、甫守一樹弁護士、大河陽子弁護士がそれぞれ挨拶。
e0068696_2340656.png
e0068696_23403521.png
e0068696_23405652.png
e0068696_23413519.png
 副団長の佐藤和良がまとめた。告訴団は、トリチウム汚染水の海洋放出を狙う国と東電、規制委員会に対決して、第一原発敷地内保管を求める県漁連など漁業者と連帯していくことを確認した。また、強制起訴された勝俣元会長らの刑事裁判に、双葉病院の被害者の遺族らが被害者参加制度に基づいて参加することを東京地裁が認めたことが報告され、期日前論点整理の手続きを見据えながら、福島原発刑事訴訟支援団に結集して闘うため、支援団への入会が訴えられた。 
e0068696_23422160.png
 
[PR]
by kazu1206k | 2016-07-18 23:55 | 脱原発 | Comments(0)

佐藤かずよし


by kazu1206k
プロフィールを見る
画像一覧