行くぞ!かずよし総決起大会

 9月4日告示、11日投開票のいわき市議選まで、あとわずかとなった、8月17日(水)18時30分から、 パレスいわやで「行くぞ!かずよし総決起大会」が開催されました。
 台風の影響が残る中にもかかわらず、会場には、多くの市民のみなさまが詰めかけてくださいました。鹿島、小名浜はじめ市民各界から、福祉・医療、子育て、商工業、女性、地域の視点で、応援のスピーチを頂戴いたしました。参加した市民のみなさまのおひとりおひとりが心一つに頑張ろうという、熱気溢れる大会になりました。
 東日本大震災と原発事故から5年。これまで、佐藤かずよしは、市民に寄り添い、市民の声に耳を傾け、いっしょに考え、あきらめずに行動してきました。
 いわきの未来を切り開くために、市政をチェックする議員として、いのちを守り、市民のみじかな相談役という原点に立って頑張る決意です。

●新たな決意  佐藤かずよし

 東日本大震災と原発事故から5年。わたしたちは必死の思いで生活の再建、仕事の立て直しをはかり、放射能から家族、子どもたちを守ってきました。
 やっと、暮らしも少しずつ落ち着いてきました。これからも、このいわきで誰もが安全に安心して暮らしていくために、いま何が必要なのか。これからの5年、10年を見据えて、いわきの未来をどう描くのか、しっかり考える必要があります。
 新しいいわきをつくるために、市政をチェックする議会と議員の力も問われています。わたしは、これまで市民の声に耳を傾け、いっしょに考え、あきらめずに行動してきました。
 あらためて、市民のみじかな相談役という原点に立ち返って頑張ります。いのちを守り、人と自然を再生させるために、福祉と医療の充実、子育て環境の整備、貧困と格差の解消、地域経済の振興、原発事故の対策と収束など、ひとつひとつの課題に全力で取り組んでいく決意です。
 子どもたちが元気で、若者もお年寄りも誰もが安心して暮らせる、ふるさと・いわきにむかって、あきらめずに行動する覚悟です。みんながいっしょに手をつないで、いまと未来を見つめ、いわきの再生をめざし挑戦します。


●佐藤かずよし後援会事務所
いわき市鹿島町走熊字小神山63−1
    いわきビジネスセンタービル303 ☎85−5744(FAX)5745
     電話85-5744 FAX85-5745

*支援カンパの送り先
 郵便振替:佐藤かずよし後援会 02230−0−117108
e0068696_07294618.png
e0068696_07303688.png
e0068696_07325476.png
e0068696_07340234.png












[PR]
by kazu1206k | 2016-08-18 23:14 | 議会 | Comments(0)

佐藤かずよし


by kazu1206k
プロフィールを見る
画像一覧