原発事故被害者とともに!10.26請願署名提出集会

 原発事故被害者の救済を求める全国運動は、第三期請願署名に取組み、約20万筆の署名が届いています。10月26日に請願内容を国会に届け、「原発事故避難者の無償住宅支援の継続」「早期の避難指示区域の解除と賠償の打ち切り方針の撤回」「最低限、国際的な勧告に基づく公衆の被ばく限度である年1ミリシーベルトを満たすまで賠償や支援を継続」「健診の充実・拡大と医療費の減免」を求めます。
 以下に、「原発事故被害者とともに立ち上がろう! 請願署名提出集会」のご案内を掲載します。

原発事故被害者とともに立ち上がろう! 請願署名提出集会
日時: 2016年10月26日(水) 13:30 - 16:30
参加費: 500円
会場: 参議院議員会館 講堂
★当日13:00 より、ロビーにて通行証をお配りします。

内容:
全国運動の取り組み報告
住宅支援打ち切りに反対する各地の取り組み
リレー報告 北から南まで
福島県内の自主避難者からの報告
甲状腺がんの現状と患者支援の取り組み
国会議員への請願署名提出と行動要請書提出
国会議員からの報告  
★集会終了後、17:00 - 18:30 参議院議員会館前でアピール行動に取組みます。


主催: 原発事故被害者救済を求める全国運動
共催:ひだんれん(原発事故被害者団体連絡会)
「避難の権利」を求める全国避難者の会
原発事故子ども・被災者支援法市民会議


原発事故被害者は更に追い詰められています。
来年3月に迫った住宅無償提供打ち切りを前に、多くの避難者が追い詰められています。
帰還困難区域を除く全ての避難指示を解除し、賠償を打ち切り、被害者を消し去ろうとしています。
福島県では、甲状腺がんまたは疑いの子どもたちが170 人を超えています。それなのに、検査の縮小すらとりざたされています。
健康に安心して生きる権利をすべての被害者に!
原発事故被害者とともに、立ち上がりましょう!
国や福島県を私たちの声で動かそう!

第三期請願署名内容
1,原発事故避難者の無償住宅支援の継続を求めます。
2,住民の意向を無視した、早期の避難指示区域の解除と賠償の打ち切り方針の撤回を求めます。最低限、国際的な勧告に基づく公衆の被ばく限度である年1ミリシーベルトを満たすまで賠償や支援を継続すべきです。
3,福島県内外における健診の充実・拡大と医療費の減免を求めます。


お問合せ
原発事故被災者の救済を求める全国運動(国際環境NGO FoE Japan 内)
〒173-0037 東京都板橋区小茂根1-21-9
Tel: 03-6909-5983
Fax: 03-6909-5986

e0068696_1834713.png
e0068696_184921.png

[PR]
by kazu1206k | 2016-10-08 22:55 | 脱原発 | Comments(0)

佐藤かずよし


by kazu1206k
プロフィールを見る
画像一覧