鹿島公民館講堂の起工式

e0068696_16273446.png
 10月15日午前、雲ひとつない快晴のもと、いわき市立鹿島公民館で交流施設整備工事の安全祈願祭と起工式が挙行されました。
 この施設は、市の中心部に位置する鹿島地区の現状と地域住民の長年の要望活動を踏まえ、生涯学習施設の拡充と双葉郡からの避難者の交流、地域コミュニュティ醸成などのために、鹿島公民館西側の広場スペースを活用して講堂を増築するものです。
 施設は、面積約250㎡で鉄骨造平屋、講堂187㎡、研修室、男女トイレの構成。手動式の壁面収納ステージと音響設備を供えています。事業費は100,889千円、全額「生活拠点における交流促進事業県補助金」です。工事は来年3月に完成予定で、来年度から供用開始の予定です。
 清水市長はじめ市教育委員会関係者、福島県、双葉地方町村会会長の馬場浪江町長、鹿島地区地域振興協議会の石井会長のほかネーブルシテイかしま、鹿島町区長会など地元鹿島町の代表が列席して、工事の安全を祈願し計画を確認しました。

 これまで、鹿島町の地区住民は、平成14年から平成18年にかけて市政懇談会等での要望や要望書を提出して、鹿島公民館西側の敷地に公民館に併設する公共施設や講堂等の増設について要望してきました。
 平成26年9月には、あらためて、各区長、地区内各種団体、子供会、公民館利用サークル、地域振興協議会・各委員会など地区内各団体を対象にアンケート調査を実施しました。その結果を基に、「地元及び近隣住民に幅広い生涯学習の場を提供すると共に、当地区の地域コミュニテイーの醸成を促進させるものとして、鹿島公民館への多目的ホール等施設の拡充整備を要望致します」と地域の意見を集約して、鹿島地区のまちづくりを進めている鹿島地区地域振興協議会、ネーブルシテイかしま、鹿島町区長会など鹿島町の代表が市長を訪問、鹿島公民館の拡充整備について要望書を提出しました。
 これを受けて、わたくしも同年9月、いわき市議会定例会で質問を行い、市は検討を約束、その後も協議を進め、今回、鹿島公民館交流施設整備として、住民の願いが実現する運びとなりました。
e0068696_16281783.png

[PR]
by kazu1206k | 2016-10-15 22:48 | 地域 | Comments(0)

佐藤かずよし


by kazu1206k
プロフィールを見る
画像一覧