福島県市議会議員研修会

10月28日午後1時30分より、会津若松市で開催された「福島県市議会議員研修会」に参加しました。研修会は、福島県市議会議長会と東北市議会議長会の主催で県内13市の市議会議員約320名が参加。開催市の目黒会津若松市議会議長などの挨拶を受けた後、講師の青森中央学院大学准教授・早稲田大学マニュフェスト研究所研究員の佐藤淳さんが、「対話が創る議会からの地方創生〜議会改革第2ステージに向けて〜」と題して講演しました。
佐藤さんは、議会を「居眠り議会」「目覚めた議会」「したふり議会」「真の改革議会」と4分類して、これまでの「議会のための議会改革(自己満足型議会改革)」から「地域課題を解決する議会(住民に役立つ議会改革)」へのステージアップを提言しました。先進事例を紹介し「対話」を起点とした政策形成サイクルに向けて、議会報告会を対面式からワークショップ式にしたり、テーマ毎の意見交換会や議会フォーラム、議員間討議の実施などの重要性を強調しました。
e0068696_7581244.jpg

[PR]
by kazu1206k | 2016-10-28 22:01 | 議会 | Comments(0)

佐藤かずよし


by kazu1206k
プロフィールを見る
画像一覧