差塩湿原にて

 12月23日午後、市内三和町に伺いました。同町の差塩地区には、約2万年前の氷河期にできたという差塩湿原(さいそしつげん)があります。
 差塩湿原は、海抜500m地点の1ヘクタールほどの低層湿原ですが、ミツガシワ、ミズドクサ、サギスゲなど高層湿原の植物が自生し、いわき市の天然記念物に指定されています。
 この氷河期の生き残り植物といわれるミツガシワは、ミツガシワ科の一属一種の多年草で,県内では会津地方の湿原に多く,いわき市では差塩湿原だけに生育しています。貴重なミツガシワの白い花、開花時期の4月下旬~5月上旬には、訪れる人を楽しませてきました。
 湿原に生息する貴重な生物を守るための湿原の環境保全活動では、震災前、小・中学校の児童・生徒や地元の皆さんが参加して、遊水池に生息しているオオカナダモ(外来種)の駆除を行ってきた経緯などもあります。
 この日は、時折、時雨れる天候でしたが、木製のデッキが破損して、部分的に立ち入り禁止の状態が続いていました。管理者のいわき市としては、ミツガシワの開花時期ごろまでに、対策をとる必要がありそうです。
 ちなみに、ミツガシワの花言葉は、「私は表現する」です。

e0068696_9235443.jpg

[PR]
by kazu1206k | 2016-12-24 23:13 | 地域 | Comments(0)

佐藤かずよし


by kazu1206k
プロフィールを見る
画像一覧