「線量計が鳴る」いわき公演、大盛況

 6月16日午後6時30分から、朗読劇「線量計が鳴る―元・原発技師のモノローグ〈独白〉」のいわき公演が、いわきアリオス小劇場で開催されました。
 いわき市で小学・中学・高校(半年間)を過ごした俳優、中村敦夫さんの自作自演の舞台です。
 満席の小劇場を埋めた観客のみなさんは、原発の町で生れ育ち、原発で働き、原発事故ですべてを奪われた元・原発技師のモノローグ〈独白〉に、原発事故で被災してきた自身の体験を重ねながら、食い入るように観入っていました。何故こうなったのか、今日そして明日をどう生きるのか、という問いを、会場のみなさんはしっかりと受けとめているようでした。
 サプライズゲストのイラストレーター・黒田征太郎さんは、中村さんの演技を会場で観ながら触発されてイラストを描きあげ、舞台で披露してくれました。演技者と観客が想いを共有した、素晴らしい舞台でした。
e0068696_1465223.jpg

e0068696_1471290.jpg

[PR]
by kazu1206k | 2017-06-18 23:04 | 脱原発 | Comments(0)

佐藤かずよし


by kazu1206k
プロフィールを見る
画像一覧