9日に質疑「安藤・間による除染業務の不正請求」

 いわき市議会11月定例会は、11月9日(木)午後、議案等への質疑を行います。
 私も議案などに対する質疑の通告を致しました。わたしの質疑は、9日(木)午後2時から30分間となります。下記に、質疑項目を掲載しました。
 質疑のうち、「本市発注の除染業務委託に係る不正請求への対応について」は、株式会社安藤・間が田村市の除染業務で、内容虚偽の領収書を提出して宿泊費を不正に取得した事件で、東京地検特捜部が同社の社員2名を詐欺罪で在宅起訴しています。いわき市も株式会社安藤・間を代表とする共同企業体による除染業務を委託しており、受注者側の提出した宿泊費等の支出内容について、領収書を改ざんして不正請求されたものの、いわき市分は起訴されていません。
 この経緯と発注業務における指名停止措置、不正請求と認定された金額の返還、再発防止策等を質疑します。
 ちなみに、議案等への質疑は、意見を述べることはできないルールとなっています。

私の質疑の項目は、以下の通りです。

11月定例会      質疑 項目       2017.11.9

1、市長提案要旨説明について

(1)市政を取り巻く諸問題についてのうち、本市発注の除染業務委託に係る不正請求への対応について


ア、本市発注の「久之浜・大久地区除染業務委託」について、契約内容は時系列的にどうなっているか。
イ、本市発注の「久之浜・大久地区除染業務委託」にかかる不正請求の経緯は、どのようなものか。
ウ、株式会社安藤・間を代表とする共同企業体による本市発注業務について、東京地検特捜部が、本市の事務手続きに不適切な点はなく、受注者側の提出した領収書に虚偽があるものの詐欺罪の起訴を見送ると判断したことについて、何らかの説明は受けたのか。
エ、株式会社安藤・間による改竄領収書の修正協議の文書申し出について、この修正協議はどうなっているか。
オ、本件発注業務における指名停止措置について、市競争入札有資格者指名停止等措置要綱による株式会社安藤・間に対する12ヶ月の指名停止措置は、情状を勘案した時、同要綱第4条を踏まえて妥当なものか。
カ、本件発注業務における共同企業体への指名停止措置について、安藤ハザマ・水中共同企業体としての契約だが、同要綱第3条の共同企業体への指名停止措置はどうなるのか。
キ、当該業務における宿泊費等の支出内容について、不正請求額の確定を含めて資料に基づく再確認などはいつごろまでに終了するのか。
ク、不正請求と認定された金額の返還について、いつ頃を目処に返還を実現させるのか。
ケ、本件、除染業務委託に係る不正請求を見抜くことは困難なことだったのか。
コ、本件に関する本市としての対応は、どのように推移してきたのか。
サ、本市としては、再発防止にどう取り組むのか。

2、議案第22号 平成29年度いわき市一般会計補正予算(第3号)について

(1)歳出6款1項7目農地費の農地等保全管理事業費のため池等放射性物質対策事業費について

ア、ため池等放射性物質対策事業について、本事業の進捗状況はどうなっているか。
イ、ため池等放射性物質対策事業費について、これまでの実績はどうなっているか。
ウ、ため池底質の放射性物質対策分布状況の調査実施など、今回の内容はどのようなものか。
エ、ため池等放射性物質対策事業の今後の見通しは、どうなっているか。

(2)歳出7款1項3目企業誘致対策費の企業立地対策推進費の工場等立地奨励金について

ア、工場等立地奨励金について、交付対象事業者が3社増加したとされるが、増加した3社の概要はどのようなものか。

                                   以上
[PR]
by kazu1206k | 2017-11-06 19:00 | 議会 | Comments(0)

佐藤かずよし


by kazu1206k
プロフィールを見る
画像一覧