春の七草、平成30年成人式

 1月7日は、人日の節句です。春の七草や餅をいれて塩味の粥を炊いた七草がゆ、一年の無病息災を願い、つれあいと頂きました。
 午前は、10時から、鹿島上矢田の鹿島神社、新年の祈年祭・祈祷祭に出席しました。鹿島神社は、延喜式に記載のある「式内社」、磐城郡七座の一つ。拝殿で護摩を焚いて、鹿島町内各区氏子の祈祷が1時間にわたり執り行われました。
 午前11時30分から、市内13会場で挙行されたいわき市の平成30年成人式に出席しました。わたくしは、パレスいわやでの小名浜地区会場で、新成人の皆さんにお祝いの言葉を述べさせていただきました。
 今年の市内の新成人は、東日本大震災・福島原発事故発生の当時、中学1年生だった3,160名。原発事故による避難や校庭利用の制限など、中高校生時代に困難な経験をして来た新成人。18歳選挙権の時代に入った世代で、これまで2016年の参議院選と市議選、2017年の衆議院選と市長選など四つの選挙がありましたが、小名浜会場の500人以上の参加した新成人に、壇上から「これまで選挙に行きましたか」の問いかけに、挙手した新成人は1割未満でした。
 少子高齢社会を迎え、新成人が担う社会のあり方や家庭を考え、暮らしに身近かな政治への関心を持ってひとりひとりが考え判断していくこと、北朝鮮のミサイルなどアジア情勢の戦争の匂いに対して、太平洋戦争でフィリピン戦線に従軍した父親から聞いた戦争体験を伝え平和を守る大切さを訴えました。そして、それぞれがもっている希望や夢を、挫折しても志を持って挑戦し続けることを話しました。

e0068696_22261099.jpg

[PR]
by kazu1206k | 2018-01-07 22:28 | 地域 | Comments(0)

佐藤かずよし


by kazu1206k
プロフィールを見る
画像一覧