医療、介護、福祉の国民負担増に悲鳴ー3カ所で議会報告会

1月16日から18日まで、常磐湯本、平、鹿島の3カ所で12月定例会の議会報告会を開催しました。
寒中、ご参集くださいました皆様、ほんとうにありがとうございました。

12月定例会の概要の中では、市立病院事業に地方公営企業法を全部適用する条例、水道料金の値上げ、約20億円の金成公園の用地取得、いわき駅前再開発事業費の決算、福島県後期高齢者医療広域連合の設置などを説明させてもらいました。
また、一般質問では、「入札制度改革」「市立病院と地域医療」「障がい者自立支援法に伴う自己負担の軽減策」「常磐共同火力勿来発電所7号機での下水汚泥炭化燃料の使用」のやり取りとわたしの主張を報告しました。

参加した皆さんからは、
「いわき駅前再開発の現状」や「金成公園の進め方、市民参加の手法の問題点」など開発行政への疑問や批判、「共立病院の医師の確保、夜間診療体制の改善」や「常磐病院のあり方」、「介護保険の先行き見通し」、「障がい者自立支援法に伴う負担増の軽減」など医療、介護、福祉での国民負担増に対する悲鳴と改善の要望、「若年層の雇用の場の確保」、「勿来火力発電所での下水汚泥炭化燃料使用の背景と安全性の確保」などのほか、日本の政治の現状、7月の参議院選挙など、様々なご意見が出されました。

出されたご意見を、具体的な形にしていくために、必要な調査して、市民の皆さんの切実な願いに応えるよう、地道に活動を続けていきたいと思います。
3月定例会は、3月1日から22日までの予定です。
[PR]
by kazu1206k | 2007-01-19 11:13 | 議会 | Comments(0)

佐藤かずよし


by kazu1206k
プロフィールを見る
画像一覧