映画「ヒバクシャ–世界の終わりに–」、鎌仲ひとみ監督を迎えて

e0068696_20485329.jpg
映画「ヒバクシャ–世界の終わりに–」と鎌仲ひとみ監督を囲む集いが、猛暑続きの18日開かれた。
鎌仲ひとみ監督は、1回目と2回目の上映の間に、映画「ヒバクシャ」について語った。

1998年、バグダッドの小児病院白血病棟での14歳の少女との出会い。
その少女ラシャ・アッバースは、
「親愛なるカマ、どうか私のことを忘れないで」と書き残してなくなる。
旅は、イラクから、広島、長崎、アメリカのハンフォードへと続いていく。
劣化ウラン弾で苦しみ死んでいくイラクの子どもたち、
低線量被曝で政府にも見捨てられてきたヒロシマ、ナガサキのヒバクシャ、
そして、アメリカのハンフォード核施設の風下、
放射能汚染でがんに冒され次々の死んでいく人々。
たどり着くのは青森県六ヶ所村の再処理工場だ。
映画は次作の「六ヶ所村ラプソディ」を暗示する…。

核、そしてそれに伴う放射能汚染の問題に、ドキュメンタリー映像作家として、人間・鎌仲ひとみがぶつかっていく。
映像は、その思考と行動を紡いでいく。
講演で、人間・鎌仲ひとみは、感極まっていたが、映像は淡々と、静かに流れていく。
わたしは、人間・鎌仲ひとみの潜めた息づかいを感じている。
[PR]
by kazu1206k | 2007-08-21 21:24 | 平和 | Comments(0)

佐藤かずよし


by kazu1206k
プロフィールを見る
画像一覧