「おやすみなさい、柏崎刈羽原発」 ウェブ署名はじまる

音楽家の坂本龍一さんや村上龍さんたちがはじめたartist power(ap)のグループが、柏崎刈羽原発の閉鎖を求めるウェブ署名を開始しました。 
柏崎刈羽原発をこのまま永眠させようと呼びかける「おやすみなさい、柏崎刈羽原発——UNPLUG KASHIWAZAKI-KARIWA」キャンペーンがそれです。

どうぞ皆さんも署名をお願いいたします。
https://www.sitesakamoto.com/unplug_kariwa/index.php

•Artists’ Powerとは
2001年,音楽家の坂本龍一さんが『地雷ゼロキャンペーン』で知己を得たGLAYのTAKUROさんに声をかけスタートさせたのが、任意団体『Artists’ Power』(略称AP)です。

•よびかけ文
柏崎刈羽原発の運転再開は危険です。

柏崎刈羽原発の周辺には、大きな地震を引き起こす活断層が存在しています。
しかし、その調査が十分に行われないままに、原発は建設されました。原発の耐震設計の基準値は、現実に起こった地震をはるかに下回っているようです。また、火事を起した配電施設を始め、多くの関連施設は岩盤の上ではなく、柔らかい地面の上に建設されています。

今回の地震で、老朽化が懸念されていた一号機を始めとして、七基すべての原発およびその関連施設が損傷を負いました。原発の敷地そのものが大きな隆起、沈下を起こし、デコボコになっている箇所もあります。目視では確認できないヒビやゆがみを含め、原子炉の主要な機器・配管にも損傷が及んでいる可能性があり、再び地震に襲われれば、より重篤な事故を起しかねません。

周辺の活断層が今後、さらに大きなマグニチュード8に達する地震を引き起こす可能性も示唆されています。施設がどれほど修復されたとしても、地下の活断層を取り除くことは出来ません。
取り除けない不安を無視して、柏崎刈羽原発が再び稼動すれば、それは不安の連鎖を引き起こし、社会に必要な信頼を失わせるのではないでしょうか。

柏崎刈羽原発がこのまま静かに役目を終わらせることを私達は望みます。
[PR]
by kazu1206k | 2007-09-07 10:05 | 脱原発 | Comments(0)

佐藤かずよし


by kazu1206k
プロフィールを見る
画像一覧