2月定例会閉会ー後期高齢者医療制度や手数料値上げ案などに反対

 3月24日、2月定例会が閉会しました。
 2月定例会は、平成20年度一般会計・特別会計・企業会計の各予算や市後期高齢者医療条例の制定、市手数料条例の改正、いわき駅前広場整備工事契約など84議案が提出され、全議案が可決されました。
 採決では、高齢者泣かせの後期高齢者医療制度関連議案、住民票や印鑑証明などの手数料値上げ議案、競輪場施設建設予算、いわき駅前再開発に伴うペデストリアンデッキの工事契約などが起立採決となりましたが、わたくしは市民のいのちと健康を守る立場からこれらの議案に反対しました。

 2月定例会で、わたくしは、一般質問で「救急医療の改善」「 市立病院の改善と総務省の公立病院改革ガイドライン」「薬害肝炎救済への対応」「学校給食の安全確保と地産地消の拡大」「障がいを持つ児童・生徒の特別支援教育」「南部清掃センター談合事件の損害賠償請求」を取りあげました。
 また、質疑では、いわき芸術文化交流館アリオス、公立保育所の民営化、市手数料値上げ、妊婦健康診査などを質しました。
[PR]
by kazu1206k | 2008-03-25 22:26 | 議会 | Comments(0)

佐藤かずよし


by kazu1206k
プロフィールを見る
画像一覧