後期高齢者医療制度、市立病院、アリオスなどに市民の切実な声!

e0068696_1238385.jpg「後期高齢者制度はやめて欲しい」ー4月8日植田、9日中央台、11日鹿島と3地区で開いた議会報告会。参加した市民の皆さんから、こうした切実な訴えが多く出されました。

 市議会2月定例会の報告会では、一般質問を行った「救急医療」「 市立病院」「薬害肝炎救済」「学校給食と地産地消の拡大」「障がいを持つ児童・生徒の特別支援教育」「南部清掃センター談合事件の損害賠償請求」の他、質疑で取り上げたいわき芸術文化交流館アリオスや市手数料値上げ問題、そして高齢者泣かせ後期高齢者医療制度などについて、報告致しました。

 市民の皆さんから出された主なご質問やご意見は、次のようなものです。

・「後期高齢者医療制度はやめて欲しい」
・「年金の物価スライド制がいつの間にかなくなり、大変困っているのに、保険料は天引きというのはおかしい」
・「医師の絶対数が不足していることを何とか改善できないか」
・「常磐病院は、精神科と老人の長期療養床として使うべきではないか」
・「病院事業管理者は、医師でないそうだが、医師の人事など大丈夫なのか。病院事業管理者は、大学病院の教授にできないのか」

・「アリオスのPFI事業の問題点をはっきりさせるべきではないか」
・「アリオスのプレオープニングイベントで、『星条旗よ永遠なれ』を心を落ち着かせる曲と言っていたが、そうは感じられない。あのような内容でいいのか、疑問だ」
・「アリオスの広告宣伝費は無駄が多いのではないか」
・「新たな施設ができているが、いわきは広いのだから、もともとの地名を残す必要がある」

・「公園の遊具の留め金や飾りがなくなっている。点検管理をきちんとやるべきだ」
・「平本町通りの1町目から3町目の買い物道路は、お手本の福島市が元に戻したように、普通の道路に戻した方がよいのではないか」
・「下水道工事は、使用面積で受益者負担金を決めているが、受益者負担金は下げられないのか」

・「固定資産税の路線価格の決め方は、航空写真で決めているが、現場を歩いて決めるべきだ」
・「指定管理者導入事業の事業評価は、第三者や市民の評価も受けるべきではないのか」
[PR]
by kazu1206k | 2008-04-13 12:49 | 地域 | Comments(0)

佐藤かずよし


by kazu1206k
プロフィールを見る
画像一覧