秋の気配、さよなら議会終る

e0068696_623261.jpg8月11日、7月24日から開かれていた7月定例会が閉会しました。

 7月定例会は、障がい者福祉サービスの利用手数料を引き下げる市地域生活支援事業手数料条例の改正、日額最大5,500円の旅費を1㎞37円に引き下げる市議会議員の費用弁償条例の改正、障がい者自立生活支援センターの活動事業補助金や南白土ポンプ場水損事故による損害賠償などの一般会計の補正予算、鹿島町の浸水被害の解消を図る船戸ポンプ場建設工事の機械設備請負契約、高規格救急自動車等の財産取得など29議案が提出され全議案が可決されました。

 わたくしは、一般質問で「核兵器廃絶と恒久平和のとりくみ」「若者の雇用と非正規労働の改善について」「市立病院の改善」「いわき市の出先機関再編」「(仮称)小名浜火力発電所の建設計画」をとりあげ、質疑では、第58寿和丸の海難事故等を質しました。

 9月末の任期満了を前にした、現職の最後の議会となりました。
今期限りで8名の現職が引退しますが、12日の市議選立候補予定者説明会には、47陣営が出席しました。
 ますます、熱い日が続きますが、庭はもう秋の気配です。




 
[PR]
by kazu1206k | 2008-08-13 06:10 | 議会 | Comments(0)

佐藤かずよし


by kazu1206k
プロフィールを見る
画像一覧